スーサイド・スクワッド エクステンデッド・エディション ブルーレイセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]


why so serious?


 「またDCは…」と思った。DCエクステンデッド・ユニバースの作品は「マン・オブ・スティール」「バットマンvsスーパーマン/ジャスティスの誕生」に続き3作目となるが、いつまで経っても失敗から学ばないなと。マーベル作品の優秀さと比べ、この燻った感じが、むしろ愛おしく思える程である。

 「スーサイド・スクワッド」最大の失敗は「ぶれたこと」だ。そもそもDCエクステンデッド・ユニバースの世界観やコンセプトは、ダークナイトトリロジーに準えた重厚でリアルなもの。そのため「マン・オブ~」も「バットマンvs~」も驚くほどユーモアが少なく、ヒーローの存在意義を問う比較的重たい内容に仕上がっている。そのような路線で行くのであれば、今作のデヴィッド・エアー監督起用というのも納得がいくものだ。

 しかしである。本作最初の特報時にはダークな内容に観えたのだが、それ以降の予告編では急にポップなものとなり、本編完成版でも、どちらかといえば軽いノリのものとなっていた。一説では「バットマンvs~」評価が芳ばしくなかった為、途中で編集や演出を変えたともいわれている。

 この突然の路線変更がもろに作品の構造を悪くしている。軽くポップなノリなのに主な舞台は夜で暗い。稀代の悪の集団のはずが微妙に良い面があり、はちゃめちゃ感が皆無。編集のせいか時間軸やキャラクターの行動原理が分かり難い。敵対するボスの魅力の無さ等々…良い素材なのに全部ミキサーで混ぜ、香辛料を加え過ぎた結果、よく分からない味の料理となる、正に「バットマンvs~」の失敗を繰り返しているのだ。

 救いはマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインだ。思えば「バットマンvs~」の救いもワンダーウーマンだった。これら女性キャラクターがいなかったらDCユニバースは完全に沈没していただろう。


■■関連作品■■
バットマンvsスーパーマン/ジャスティスの誕生 ★★
ダークナイト ★★★★★
ダークナイト ライジング ★★★★
スポンサーサイト
☆ 2016年中に観た映画ベスト3 ☆

 今年はマイホームの土地がようやく決まり、現在、建設中の状態です。今、住んでいる賃貸のアパートは狭くそれ故に、自宅での映画鑑賞の機会も減っていました。新しい家ではわずかながらでも、自分のスペースを確保出来たことから、2017年はもう少し映画鑑賞が出来るかなと期待してみたり。なにか空いているスペースに映画のポスター等が飾れたらなぁと考えてみたり。そんな2016年に鑑賞した映画からベスト3をセレクトしました。


☆2016年初めて観た映画でのベスト3

1. サウルの息子 ★★★★
2. フレンチアルプスで起きたこと ★★★★
3. マジカル・ガール ★★★★



サウルの息子 [Blu-ray]


 1位は「サウルの息子」。この作品で強く感じたのは、”伝える”ということだ。同胞の死体処理をさせられるゾンダーコマンドの想像絶する体験は、主人公の背中を通じ観客にダイレクトに伝わってくる。これまでのホロコーストを扱った作品と異なり、物語を全体ではなく1人の主観に絞ったことが、あまりに無残な光景と史実をより強調する結果となっていた。このような悲劇を繰り返さないよう、映画として後世に伝えることは、エンターテイメントを超えた映画メディアのもうひとつの役割といえる。



フレンチアルプスで起きたこと [DVD]


 2位は「フレンチアルプスで起きたこと」。現実に起こりうるちょっとした出来事で、それまでのパートナーを不信に思いだす怖さを描いている。劇中では不可抗力である雪崩によって、文字通り夫婦関係が崩れていくのだ。高級リゾート地を舞台に繰り広げられる、ミステリーのような緊迫感も見所である。今年観た「さざなみ」も1通の手紙から夫婦の気持ちが揺らぐ様を見事に描いていた。



マジカル・ガール [Blu-ray]


 3位は「マジカル・ガール」。物語がどのように展開していくか全く読めない、変化球映画。ただし画面の構図や演出が丁寧で、ドロドロした内容なのにどこか気品を感じる不思議な作品だった。何が起きているのか見せないことが1番怖いのである。


☆2017年期待の映画☆





・ラ・ラ・ランド

 「セッション」のデミアン・チャゼル監督の最新作。前評判が高く予告編からも映像美が伝わってくるものだ。ミュージカル映画は苦手だが、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンのダンスを見ていたら何か惹き込まれるものがあった。アカデミー賞を総なめするのは間違いなさそうである。

シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組



日本映画を不信していた自分を恥じるほど…


 近年、邦画を観て、ここまで熱い気持ちになったのは久しぶりだった。2014年レジェンダリー・ピクチャーズが製作した、いわゆるハリウッド版ゴジラを観たときに、迫力の映像・ビジュアルに圧倒され「あぁ、もう日本でゴジラは作れないな」と思った。

 それ以前に、自分自身がどこか邦画を敬遠していたようにもある。「日本よ、これが映画だ。」、「アベンジャーズ」公開時の憎たらしい挑発的なキャッチコピーだが、それを完全には否定できず、ある部分で納得していたりもした。邦画を観たとしてもドラマやドキュメンタリー、まして大掛かりなアクションものやSF、ディザスター系はハリウッドの映像に遠く及ばず、鑑賞しても無駄であると鼻から決めつけていたのだ。

 そこにきての「シン・ゴジラ」である。面白い!!まずはハリウッド版のゴジラより面白く、さらに製作費が10分の1程度というから驚きだ。物語は3.11を体験した日本の現状を上手く絡めており、どのような困難な状況に陥っても皆で力を合わせ、知恵を出し合えばそれを乗り越えられる、と説いている。無論、東日本大震災からの復興もそうだが、私には日本の映画業界に「もっと自信を持っていこう!!」と庵野秀明総監督が檄を飛ばしているようにも観えたのだ。

 嬉しいのは、面白い映画をきちんと観客が評価し、興行収入を得たという点である。これにより、日本でも信念を持って映画製作に臨めば、ジャンルを選ばずビジネスとして成り立つことが証明された。特撮という日本のお家芸を不信していた自分が恥ずかしくなるほど「シン・ゴジラ」は我々にプライドを取り戻させた作品である。

 一部では石原さとみの存在や演技に難がでているようだが、ポリティカルな人物・言葉の波のなかにあのようなフィクション寄りのキャラクターが居ても良いのではないだろうか。すし詰めの群像劇に紛れる緩和剤であり、その存在がなければ今作のテンションを保つことが難しいように思えるが。


■■関連作品■■
GODZILLA/ゴジラ ★★★