007 スペクター 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]


「スペクター」での物足りなさは「スカイフォール」で上がったハードルとの落差


 ダニエル・クレイグのボンドはシリアスだ。007シリーズお馴染みのアバンタイトルから、オープニングテーマに移行するまで、ダニエル・クレイグボンドは常に厳しい表情、または過酷な状況に置かれている。「スカイフォール」に至っては死んだとさえ思えるショックングなものであった。

 「スペクター」では一転する。メキシコの伝統的な祭り”死者の日”をバックに華麗で荒唐無稽なアクションを展開する。敵をヘリから落とし操縦するボンドの表情はそれまでの過去作とは違い、穏やかで余裕さえ感じられるものに。この瞬間「今回の007はこのタッチでいきますよ。シリアスではなく活劇に近いクラシカルなボンドに戻るよ。」という宣言に思えたのだ。

 しかしである。以前のロジャー・ムーアのような、ユーモラスで余裕のある007も悪くはないが、今作はどうにも気持ちがのらなかった。最大の理由はシリーズを通じての宿敵、スペクターの存在感・存在意義にある。




*****以下、ネタばれ注意*****




 物語が進むと、スペクターの組織を率いるブロフェルドの主な動機が、ジェームズ・ボンドへの個人的な嫉妬・恨みであることが明かされる。しかも父親に起因するというもので、これは「スカイフォール」における母性の逆ともとれる構図であり、連作でネタの焼き直し感が否めないのだ。

 その動機の弱さ故に、期待していたクリストフ・ヴァルツがものすごく小物に映る。世界を牛耳る悪の結社の根幹要因が、ごくごく私的なものとはいただけない。今回は荒唐無稽です!!と宣言したのだから、分かり易い動機で良かったように思える。列車の食堂車両で戦いが始まった瞬間に居なくなった乗客、そして銃撃戦が起きた後も走り続ける列車、敵のアジトにノープランで潜入する主人公カップル等、ストーリー上で腑に落ちない点も多い。

 前作「スカイフォール」は手放しで傑作だった。それは従来の007を外れ、格式の高い上質なヒューマンドラマと凝った映像による貢献が大きいが、ずっとそのようなテイストは続けられない。「スペクター」での物足りなさは「スカイフォール」で上がったハードルとの落差だ。襟を正したシリアスなドラマの007か。エンターテイメントに徹した活劇路線の007か。映画界のトレンドを踏まえ、次回作以降の舵取りは難しそうである。


■■関連作品■■
007/カジノ・ロワイヤル ★★★★
007/慰めの報酬 ★★
007/スカイフォール ★★★★
スポンサーサイト
ラストスタンド [Blu-ray]ラストスタンド [Blu-ray]
(2013/11/20)
アーノルド・シュワルツェネッガー、フォレスト・ウィテカ― 他

映画の詳細を見る



シュワちゃん節、復活!! 王道(ベタ)が許される最後のハリウッドスター。


 アーノルド・シュワルツェネッガーが映画界に戻ってくる!!カリフォルニア州知事として政治活動を終えた後の復帰作として、選んだジャンルはやはりアクション。しかし個人的には、いささか不安要素もあった。ひとつはアクションを演じる上での年齢的な衰え、もうひとつは公人として活動した後だけに内容がマイルドになるのではという懸念だ。しかし今作「ラストスタンド」をひと目鑑賞すれば、それらの悩みは全て無用だったことに気付かされる。

 今作で特筆すべきはアーノルド・シュワルツェネッガー自身の現況を上手に作品に取り入れているところ。「ラストスタンド」の主人公は田舎町で静かに暮らす保安官。料理が胃にもたれたり「年をとった」と愚痴をこぼすなど、実生活のアーノルド・シュワルツェネッガーとスクリーン上のレイ・オーウェンズが無理なくリンクしているので物語に没頭しやすい。また「ターミネーター」「コマンドー」「トゥルー・ライズ」…といずれの出演作品もシュワちゃん1人で悪役を無双していたのに対し、今作では仲間と協力し団体で悪から町を守るといいう設定もスムーズであり新鮮であった。




*****以下、ネタばれ注意*****




 例えば今作の主人公を別の俳優が演じた場合、あまりのベタさに非難殺到だっただろう。何故、国境を越えるのに車じゃないといけないのか??(ヘリとかダメ??)それまで車に乗っていたはずなのに何故か橋に先回りしているシュワちゃん。武器を使わずに素手でタイマン勝負のラストバトル。こんなベタベタいつの映画だよっ!!と憤慨するはず。しかしである、シュワちゃんに関して言えば正に「これが観たかった!!」というシーンと演出なのだ。そういう意味で、アーノルド・シュワルツェネッガーは王道(ベタ)が許される最後のハリウッドスターなんだな、と強く思った。ヒーローが悩んだり、ダークな展開が求められる昨今ハリウッド、ベタを楽しめる稀代のスターとしてシャワちゃんを再評価しなくてはならないのでは。

 「エンド・オブ・デイズ」「シックス・デイ」「コラテラル・ダメージ」等、ちょっとベクトルが違う作品も過去にはあったが、「ラストスタンド」は正に王道。勧善懲悪、ガンアクション満載、カーチェイス満載、犠牲者多数、共演者渋い、美女多数。ありがとうシュワちゃん、ラストタイマンでのバックドロップなど終始激アツだった。


■関連作品■
コマンドー ★★★★★
ジャッカス3 ★★★
エクスペンダブルズ ★★★


ラストスタンド Premium-Edition [数量限定生産・スチールケース仕様] [Blu-ray]ラストスタンド Premium-Edition [数量限定生産・スチールケース仕様] [Blu-ray]
(2013/11/20)
アーノルド・シュワルツェネッガー、フォレスト・ウィテカ― 他

映画の詳細を見る

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
ジャッキー・コーガン [Blu-ray]ジャッキー・コーガン [Blu-ray]
(2013/10/02)
ブラッド・ピット、レイ・リオッタ 他

映画の詳細を見る



映画史に残る殺し屋…そんなワケない。


 「ジャッキー・コーガン」はいかにも評論家が好みそうな、独創性に富んだ映画である。アメリカの現状を風刺交じりに殺し屋の稼業に投影したり、殺害シーンで銃弾の弾丸をスローで見せたり、タランティーノ映画みたく下らない会話の数々を繰り広げてみたり、やりたいことは理解できるのだが面白くない。なぜならブラッド・ピットが演じたジャッキー・コーガンに全く魅力を感じなかったからだ。

 殺し屋ジャッキー・コーガンの特長としては”優しく殺す”ことだけであり、それは即ち、相手に気付かれることなく遠くから(または突然に)確実に仕留める、ただそれだけである。難敵を殺すでも、大人数を殺すでもなく、特にスマートでもなく、小物を3人ほど仕留めたのが「ジャッキー・コーガン」の映画内の出来事。最後に「報酬足りねー」「アメリカは国家じゃない。ビジネスだ。」と少し怒るだけの内容。

 映画の大半がゴロツキの日常会話。タランティーノ作品のような笑いの波もないただの日常会話が作品の8割。その少ない素材からよくあの予告編を作成したなと日本の配給会社を褒めたいが、「映画史に残る殺し屋誕生」みたいな謳い文句は詐欺レベルである。それなら「コラテラル」でのヴィンセント(トム・クルーズ)の方が何倍もクールで記憶に残るものだった。

 積極的に汚れ役に徹するブラッド・ピットは大好きだが、今作ではもっと主人公にスポットライトを当てても良かったと思う。レイ・リオッタはいつも悲惨な死に様、そしてミッキーのうざさは異常(笑)


■関連作品■
ワールド・ウォーZ ★★★
イングロリアス・バスターズ ★★★★
ベンジャミン・バトン/数奇な人生 ★★
バベル ★★★
テーマ:映画感想
ジャンル:映画