archive: 2007年07月  1/1

インランド・エンパイアを観に行く

 「インランド・エンパイア」を観るために福岡から、はるばる大阪まで行ってきた。夏休み期間ということで、仕事の年休を使って初めての大阪へ!!1本の映画鑑賞のために、何100kmも移動する人は日本でもそういないのでは??上映館の梅田ガーデンシネマまではJR大阪駅から歩いて行く。これがまた微妙に遠い(笑)ガーデンシネマは梅田スカイビル内にある。このビル、駅から眺めると周りに高い建物がなく不気味なほど目立つ。2つのタ...

  •  12
  •  1

マリー・アントワネット ★★

No image

マリー・アントワネット (通常版) [DVD](2007/07/19)キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン 他映画の詳細を見る ソフィア・コッポラ監督の前作「ロストイン・トランスレーション」と同じように、主人公の空虚・喪失感というのが論旨で多くの時間を割いている。経済的にも恵まれているのだが、どうにも心の穴が埋まらないという点も似ている。しかし今作では実在した人物を題材にしたせいか、その喪失からの脱却が...

  •  2
  •  0

M:I Ⅲ/ミッション・インポシブル3 ★★★

No image

M:i:III [Blu-ray](2013/07/19)トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン 他映画の詳細を見る 後半の失速さえなければシリーズ1番 ミッション・インポッシブルシリーズ第3弾。チームプレイ、謎解き重視の「1」、恋愛、アクション、鳩(笑)の「2」と物語毎に作風や監督を変えているシリーズだ。 第3弾はパート1と2の良いとこを融合して、そこに家族(師弟)という色を強くだしていた。今回はイーサン・ハントが現役スパイ...

  •  0
  •  0

ダーウィンの悪夢 ★★

No image

ダーウィンの悪夢 デラックス版(2007/07/06)不明商品詳細を見る 本作の意図はナイルパーチによって引き起こされた、ヴィクトリア湖周辺の負の連鎖を描くというもの。しかしナイルパーチが貧困に結びつくまでのそれぞれの因果関係が希薄であり、根拠や論点が明確ではなかった。 例えば売春・HIVの問題などは、ナイルパーチやそのナイルパーチを運ぶ操縦士が存在しなくとも発生しうる要因でもある。また序盤から最後まで見え隠れす...

  •  0
  •  0

イン・ハー・シューズ ★★★

No image

イン・ハー・シューズ(2008/04/16)キャメロン・ディアス映画の詳細を見る自分に合う靴を探しに あらすじをパッと見ると、喧嘩した姉妹が徐々に仲直りし、再生していく過程を描いた作品だと思っていた。その要素もあるが、本作は姉妹間に限らずもっと広く、家族全体の再生を描いた物語となっている。2人の姉妹のそれぞれ視点が均等に描かれており、前半では姉寄り後半では妹寄りとなっているので、どちらのキャラクターにも感情移...

  •  0
  •  0

ピアニスト ★★★★

No image

ピアニストイザベル・ユペール、ブノワ・マジメル 他 (2003/12/05)アミューズ・ビデオ映画の詳細を見る 「私には感情がないの覚えておいて あるとしても知性が必ず勝る」このような傲慢な台詞を吐き捨てるピアノ教師が、実はポルノショップに通っていたり他人のセックスを覗き悶える...その特異な性癖と想像を超える展開にはショックさえ覚えてしまった。 厳格な母親の存在、抑圧されている家庭環境が彼女の内面を歪めたのはお...

  •  4
  •  0

ハリーポッターとアズカバンの囚人 ★★

No image

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 [Blu-ray](2010/04/21)ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント 他映画の詳細を見る ハリーポッターシリーズ第3弾。前評ではサスペンス色・ホラー色が強く、暗い話だが子供から大人まで楽しめる作品とのこと。しかし実際に鑑賞すると気持ちが映画のリズムにのれなていなかった。 その理由としてマンネリ化。第3弾にもなるのにハリーポッター以外のキャラクターの変化・描写があまりに少ない...

  •  4
  •  0

ラッキーナンバー7 ★★

No image

スマイルBEST ラッキーナンバー7 DTSエディション(2008/07/25)ジョシュ・ハートネットブルース・ウィリス映画の詳細を見る どこかで観たことがあるような作風。過去のタランティーノ作品のような匂いがするのは、回想録の構成とクライム・サスペンスというジャンルだからだと思う。 シナリオにはひねりがあるが、とりわけ驚くといったものではない。「ラッキーナンバー7」という邦題が1番のミスリードを誘う要因になっている。...

  •  0
  •  0

不都合な真実 ★★★

No image

不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション(2007/07/06)ドキュメンタリー映画アル・ゴア映画の詳細を見る 政治家のアル・ゴアが地球温暖化についてプレゼンするドキュメンタリー作品、というだけで斜に構え、作為的なものや政治的な意図を感じていた。 しかし本編を鑑賞すると、彼の環境に対する長きに渡る情熱や地球が瀕している状況がストレートに伝わってきたのである。これはアル・ゴアのプレゼンが、グラフや数...

  •  0
  •  0

マッチポイント ★★★

No image

マッチポイント 初回限定版 (特別ブックレット付)(2007/02/02)ジョナサン・リース・マイヤーズスカーレット・ヨハンソン映画の詳細を見る 久々のウディ・アレン監督作品ということで小難しい出来になっているのかと思っていたらものすごくシンプル、古典的なサスペンスもので最後まで飽きることなく鑑賞できた。 「運」という台詞が劇中に幾度となくでてくるがそれこそ本作の一番のキーワード。冒頭のテニスのネット際のボールを...

  •  5
  •  0

フレディVSジェイソン ★★

No image

フレディvsジェイソン(2005/08/03)ロバート・イングランドケン・カージンガー映画の詳細を見る ホラー映画を観ない人でもこの2人の存在はどこかで知っていたはず。「エルム街の悪夢」のフレディと「13日の金曜日」のジェイソンというドリームタッグともいえるこの共演はファンにとってはたまらない設定だろう。今作で感じたのは大手配給元で予算がかかっているがやはりホラー映画はホラー映画の定石を踏んでいるということ。 妙...

  •  0
  •  0

下妻物語 ★★★★

No image

下妻物語 スタンダード・エディション(2004/11/26)深田恭子映画の詳細を見る 『下妻物語』は前評通り、恐ろしくパワフルで最後までハイテンションを維持できた快作だ。映像やディティールのこだわりようが半端ではなくアニメーション効果を始めスローモーション・CGを序盤から惜しげもなく使い、はたまたジ○スコといった実在の店舗名を使用するなど、その辺がかなり笑えた(←よく許可をしたと思う) そのなかでも特筆すべき点は...

  •  6
  •  0

ボルベール/帰郷 ★★★

No image

ボルベール Blu-ray(2012/09/05)ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ 他映画の詳細を見る*****以下、ネタばれ注意***** 娘が刺し殺した夫の死体を、レストランの冷蔵庫に隠し入れ終えた、ほぼその直後に30人分の料理の注文を取る主人公のライムンダ。このシーンを観たときに、自分は出来ないな、女性は強いなと思った。 この映画では劇中のほとんどのシーンが女性のみで構成されていて、誰もがたくましく、生き生きと...

  •  4
  •  0

マイアミ・バイス ★★

No image

マイアミ・バイス 【ユニバーサル・Blu-ray disk 第1弾】(2008/12/19)コリン・ファレルジェイミー・フォックス映画の詳細を見る 「ヒート」「インサイダー」「コラテラル」とマイケル・マン監督作はプロの男と男のぶつかり合いを描いた濃厚なドラマが特長である。それが今作「マイアミ・バイス」ではほとんど観れなかったことは残念というより期待していた分ショックだった。 潜入捜査での物語だがコリン・ファレルとジェイミー...

  •  4
  •  0

海猿/LIMIT OF LOVE ★★

No image

LIMIT OF LOVE 海猿 スタンダード・エディション(2006/12/20)伊藤英明加藤あい映画の詳細を見る 海猿劇場版シリーズ第2弾。前作の訓練生からドラマの活躍を経ての続編。大型フェリーの座礁事故、そこからの脱出と全体的な規模がスケールアップ。前作に比べ笑いの要素が少なかったりとシリアスでよりドラマチックになっていた。 しかし、一刻も早く脱出しないといけない船内から携帯電話で1分以上も使って、加藤あいに想いを伝え...

  •  0
  •  1

海猿 ★★★

No image

海猿 スタンダード・エディション(2005/02/16)伊藤英明加藤あい商品詳細を見る 伊藤英明演じる仙崎大輔が海難救助のエキスパートである潜水士になるまでを描いた成長物語。ある特定人物の成長物語と言えば真っ先に青春ものを思い浮かべるが、今作は海上保安庁という一般とはかけ離れた世界が舞台となる。 海保は国家に属し、堅物のイメージをうけるが伊藤英明のこの上ない爽やかな演技のせいか、主人公の実直な性格のせいか、そ...

  •  0
  •  0

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.