archive: 2007年09月  1/1

パンチドランク・ラブ ★★★

No image

パンチドランク・ラブ DTSエディション(2005/07/06)アダム・サンドラーエミリー・ワトソン映画の詳細を見る 「パンチドランク・ラブ」は『無国籍映画』とも言える新しい感覚の作品だった。 主人公のバリーには口うるさい姉が7人もいる、バリーはかんしゃく持ちである、マイレージを稼ぐためにプリンを大量に購入、セックスダイアルを使用したがために脅される、吸盤棒を扱うよく分からない事業。このような興味を惹くエピソード...

  •  4
  •  0

こわれゆく世界の中で ★★★

No image

こわれゆく世界の中で (Blu-ray Disc)(2007/09/19)ジュード・ロウ. ジュリエット・ビノシュ. ロビン・ライト・ペン. マーティン・フリーマン. レイ・ウィンストン映画の詳細を見る 原題は「Breaking and Entering」、邦題は「こわれゆく世界の中で」。邦題の「こわれゆく」とは都市開発で失う古い街並みと、ジュード・ロウ、ジュリエット・ビノシュの2家族の状態を示す言葉なのだろう。*****以下、ネタばれ注意***** ...

  •  0
  •  0

ザ・シューター/極大射程 ★★

No image

ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray](2010/09/16)マーク・ウォールバーグ、マイケル・ペーニャ 他商品詳細を見るスナイパーアクションのはずが…。 「ディパーテッド」でアカデミー助演男優賞にノミネートされるなど、その活躍が目覚しいマーク・ウォルバーグ主演作品。 海兵隊・特殊部隊の凄腕スナイパーとして、冒頭からその実力を見れるのだが、狙撃手としてのシーンはそれとあと2度...

  •  0
  •  0

愛の流刑地 ★★

No image

愛の流刑地(2007/07/27)豊川悦司寺島しのぶ映画の詳細を見る 「愛のためにその人を殺せるか」尊厳死とはまた違う、官能や本能といった今作のテーマ、着眼点は面白い。男性・女性の観点から、それぞれ受け止め方は異なるとは思うが「愛の流刑地」が発した命題は、多くの人の関心を惹くものではないのだろうか。 そのような良い土台があるのに、どうしても気になったのが女性検事の存在だった。冒頭で菊治が冬香を殺し、それから菊...

  •  5
  •  0

トゥモロー・ワールド ★★★

No image

トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション(2007/03/21)クライヴ・オーウェンジュリアン・ムーア映画の詳細を見る子供が生まれない世界とは 「子供が全く産まれない世界」この舞台設定に興味をもつ。これまでのSF映画での近未来世界といえば、核汚染による荒廃、地球の異常気象による滅亡、徹底的な管理社会などだったが、その定石を覆す設定は興味深い。 そして、それらの世界には上位組織に抵抗するためにレジスタンス活...

  •  4
  •  0

ファンタスティック・フォー/超能力ユニット ★★

No image

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] (Blu-ray Disc)(2006/11/10)ヨアン・グリフィズジェシカ・アルバ映画の詳細を見る 最近のアメコミもの「スパイダーマン」「バットマン」等の共通点として、主人公が自分の力や行動に葛藤している描写があるということ。今作でも超人的な力を手に入れたことへの葛藤や悩みはあるのだが、とにかく行動が軽いそして地味。 宇宙嵐によって特殊能力を身につけ一応悩むものの、敵の出現で...

  •  0
  •  0

Q / Mr.Children

No image

Q(2000/09/27)Mr.ChildrenCDの詳細を見る 「Q」が発売された時、ちょうどMr.Childrenが低迷期と言われていたことも手伝ってか、このアルバムをそこまで聴きこんでいなかった。それから数年後、とある無類のMr.Childrenファンの人に出会い、アルバム「Q」の魅力を聞かされた辺りから、徐々にこのアルバムに惹かれるようになる。それ以来ずっと聴き続け、今ではすっかりと「Q」の虜になってしまった。 コアなファンが好むアルバム...

  •  4
  •  0

ブラッド・ダイヤモンド ★★★

No image

ブラッド・ダイヤモンド(Blu-ray Disc)(2007/09/07)レオナルド・ディカプリオ、映画の詳細を見る 近年のハリウッドスターには、ファンへのイメージ戦略や家族への影響を考慮して殺人シーンをNGとする俳優も少なくない。ところがレオナルド・ディカプリオは違う。今作では元傭兵という設定を活かしてか、ハンドガンやライフルを片手に簡単に人を殺してしまう。しかも本人と対象者が1画面に納まっているのでそのインパクトも大きい...

  •  6
  •  0

フラガール ★★★

No image

フラガール [Blu-ray](2009/12/18)松雪泰子、豊川悦司 他映画の詳細を見る 「感動」という言葉には、深い感銘を受けて強く心が動かされるという意味がある。今回「フラガール」のなかでその言葉に適合する場面に遭遇した。それは紀美子がダンスの練習を1人でしているところに母親が現れるというシーン、ダンスの躍動感と蒼井優の真剣な表情に思わず感動してしまった。 蒼井優のダンスシーンといえば以前、「花とアリス」のラスト...

  •  8
  •  0

M:I-2 / ミッション:インポッシブル2 ★★★

No image

M:I-2 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray](2010/09/16)トム・クルーズ、ダグレイ・スコット 他映画の詳細を見る 冒頭いきなり崖を登るシーンから始まり、イーサン・ハントの鍛えぬかれた肉体を見せつけられる。それは前作のオープニングの雰囲気と明らかに違うもの。そう、今作はスパイ映画ではなくトム・クルーズのワンマンヒーロー映画になっていたのだ。 それくらいに、ヒロイン・敵役等、他の出演者に華...

  •  0
  •  0

ラブソングができるまで ★★★

No image

ラブソングができるまで(2008/06/11)ヒュー・グラントドリュー・バリモア商品詳細を見る ヒュー・グラントにドリュー・バリモア、監督・脚本にマーク・ローレンス。ラブコメトライアングルで製作した作品のせいか、劇中のどのシーンをとっても、展開においても、キャラクターの肉付けにしても抜群の安定感を持ち安心して鑑賞できる。 今作は80年代風、ミュージックビデオで始まるのだが、劇中の台詞にも80年世代の有名なミュージ...

  •  2
  •  0

ブラックブック ★★

No image

スマイルBEST ブラックブック(2008/07/25)カリス・ファン・ハウテンセバスチャン・コッホ映画の詳細を見る 「ポール・バーホーベン監督作品に出演する女優は大変な思いをする」どこかで聞いた言葉が頭の中を過った。 「ブラック・ブック」は様々な制約のあるハリウッドでの製作を嫌い、監督の母国であるオランダで製作したと言われている。そのことからも、監督の並々ならぬ情熱・意欲が伝わり、表現の自由を獲得した彼が、どの...

  •  0
  •  0

あなたになら言える秘密のこと ★★★

No image

あなたになら言える秘密のこと [DVD](2008/11/27)サラ・ポーリー、ティム・ロビンス 他映画の詳細を見る 自分の秘密・隠し事を他人に打ち明けることは難しい。よく、悩み事があれば家族や友人に相談しなさいというが、毎日接するような間柄だと言えないこともある。逆に、自分とその人の間に様々な隔たりがあるほうが打ち明けやすく、スムーズに事が転じるように思う。*****以下、ネタばれ注意***** 今作ではハンナが...

  •  2
  •  0

ラウンダーズ ★★★

No image

ラウンダーズマット・デイモン、エドワード・ノートン 他 (2004/11/25)松竹映画の詳細を見る 「ラウンダー」とは勝負師のことだ。ギャンブル映画というと、借金を抱え落ちぶれた主人公が、妻や子供を見返すために奮起して、最後には大勝負にでて勝つ、このようなストーリーをイメージをするが今作は根底からまるで違う。 主人公は法科大学に通っていて頭がよく、ギャンブルなどしなくても弁護士など収入源は他からでも見込めるの...

  •  3
  •  0

40歳の童貞男 ★★

No image

40歳の童貞男 無修正完全版(2007/06/14)スティーヴ・カレルキャサリン・キーナー映画の詳細を見る 日本での劇場公開はほとんどなく(関東・関西限定)DVDリリースまで待たないといけなかった話題のコメディ。題名で敬遠しそうになるが、全米では興行収入が1億ドル突破を記録したほどの大ヒット作品なのだ。それにしてもレンタルしにくい邦題(笑)カップルとか複数人だと楽だけど、見た目が40歳前後で男1人という状況の人が1番借...

  •  0
  •  0

はるまついぶき / Bank Band

No image

沿志奏逢2(2008/01/16)Bank Band商品詳細を見る 「はるまついぶき」のネット配信にあたって小林武史のコメントを読んだ。そのなかで新潟での地震について私見を述べている。Bank Bandの前回作、「to U」の歌詞に「自然の猛威」とあったように、この曲もどこかで自然災害等、被災された方のことを連想させる内容だった。そのような観点から「はるまついぶき」を聴いていると、何とも表現し難い感情に包まれ胸が詰まりそうになった...

  •  4
  •  0

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.