ボーグマン Blu-ray



自分にとっての”ボーグマン”とはなにか。



「そして彼らは自らの集団を強化するため‐地球へ襲来した」


 冒頭のテロップから既にぶっ飛んでいる。内容も異色だ。一般的な映画のストーリーにはキャラクターの目的や、その目的へ向かう動機付け・背景があり、成長を通じて観客の共感を得るものが大半だが「ボーグマン」にはその骨格がない。では、面白くないのかと言われればそうでもない。目的が分からなくとも、ボーグマン一味の奇妙な言動や裕福な一家が転落する様がある種のクセになってしまうのだ。このようなシュール系、ノンナラティブな構成の作品はバイオレンスやエロティック描写等、過激な画や音に傾倒しがちだが「ボーグマン」は極めて真面目で上質である。




*****以下、ネタばれ注意*****




 また、観客は登場人物の誰とも、心を通わすことができなくなるのも今作の特徴だ。間違っていることを正す、漫才でいえばつっこみの役目だが、まともな人間サイドの母親・子供たちが次々と洗脳されていくためカオスな状況に陥る。最大の見せ場である、庭で行われたステージショーは観客をも魅了する怪シークエンスだった。

 ボーグマンとその仲間は何者だったのか??という疑問は最後まで明かされることはない。冒頭の文字列を準えるならば、そのまま宇宙人と考えてよいだろう。人の心に住み着き、拡大を続けるものとして煩悩や欲望の隠喩とも思えたが…彼らはセックスに全く興味がない時点でちょっと違うかと思ったり、テレビが好きだったり、穴に住んでいたり、携帯電話を使いこなしたり、と一貫しない言動こそ魅力なのかもしれない。心酔せざるを得ない、鑑賞者・自分にとっての”ボーグマン”はなにか??っと追求するのも面白いだろう。

 中盤以降、あの怪しげなボーグマンの活躍が減ったのが残念だった。庭師に変装し家に潜入するためにヒゲを剃った姿は、元Jリーガーのリトバルスキーに似ている(笑)

スポンサーサイト