シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組



日本映画を不信していた自分を恥じるほど…


 近年、邦画を観て、ここまで熱い気持ちになったのは久しぶりだった。2014年レジェンダリー・ピクチャーズが製作した、いわゆるハリウッド版ゴジラを観たときに、迫力の映像・ビジュアルに圧倒され「あぁ、もう日本でゴジラは作れないな」と思った。

 それ以前に、自分自身がどこか邦画を敬遠していたようにもある。「日本よ、これが映画だ。」、「アベンジャーズ」公開時の憎たらしい挑発的なキャッチコピーだが、それを完全には否定できず、ある部分で納得していたりもした。邦画を観たとしてもドラマやドキュメンタリー、まして大掛かりなアクションものやSF、ディザスター系はハリウッドの映像に遠く及ばず、鑑賞しても無駄であると鼻から決めつけていたのだ。

 そこにきての「シン・ゴジラ」である。面白い!!まずはハリウッド版のゴジラより面白く、さらに製作費が10分の1程度というから驚きだ。物語は3.11を体験した日本の現状を上手く絡めており、どのような困難な状況に陥っても皆で力を合わせ、知恵を出し合えばそれを乗り越えられる、と説いている。無論、東日本大震災からの復興もそうだが、私には日本の映画業界に「もっと自信を持っていこう!!」と庵野秀明総監督が檄を飛ばしているようにも観えたのだ。

 嬉しいのは、面白い映画をきちんと観客が評価し、興行収入を得たという点である。これにより、日本でも信念を持って映画製作に臨めば、ジャンルを選ばずビジネスとして成り立つことが証明された。特撮という日本のお家芸を不信していた自分が恥ずかしくなるほど「シン・ゴジラ」は我々にプライドを取り戻させた作品である。

 一部では石原さとみの存在や演技に難がでているようだが、ポリティカルな人物・言葉の波のなかにあのようなフィクション寄りのキャラクターが居ても良いのではないだろうか。すし詰めの群像劇に紛れる緩和剤であり、その存在がなければ今作のテンションを保つことが難しいように思えるが。


■■関連作品■■
GODZILLA/ゴジラ ★★★
スポンサーサイト