ハリーポッターと賢者の石 ★★

ハリー・ポッターと賢者の石 [Blu-ray]ハリー・ポッターと賢者の石 [Blu-ray]
(2010/04/21)
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント 他

映画の詳細を見る



 全世界で大ベストセラー、社会現象を巻き起こしたハリー・ポッターが待望の映画化。原作を読んでいなかったのでストーリーラインを把握せずに鑑賞したのだが、初っ端から児童虐待か!!と思わせる描写が多くびっくりした。

 それでもホグワーツ魔法学校に着いてからは、友人との出会い、寮生活、魔法を習う授業、クィディッチなど希望あふれるファンタジー色になり、安心して楽しめる。魔法に失敗して爆発→ドリフヘアーになるという微笑ましい場面も(笑)

 ハリーポッター演じるダニエル・ラドクリフをはじめ、渋いマルフォイや怪しげな先生役のアラン・リックマンなど俳優陣も英国出身が多く風格を感じ、建物・小道具・美術も細部までこだわりが観れた。気になったのは上映時間、2時間30分近くあるのは長すぎる、しかし原作を考えるとファンにとっては物足りないものなのかもしれない。


■関連作品■
ハリー・ポッターと賢者の石 ★★
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 ★★
スポンサーサイト

6 Comments

パタリロ  

私も、この結構作品は楽しく見ました。イギリス独特の残酷さをさらりと入れて、甘くなりすぎないところが、好きですが、しかし、いまいち物足りないと言うのが、本音です。★★は賛成です。ところで、今「ゲド戦記」原作の三巻目を読んでいますね。非常に面白いし、深い!子どもの読み物ではありませんね。だから、ジブリのは観にいきませんでした。もし、なにか読みたいなあと思われた時の大お薦めです。もう、よんでらっしゃるかなあ?三巻が出たとき、心理学、精神医学、社会学、もち文学界で世界規模の論争が繰り広げられ、作者は何十年かにその回答として4,5を書いたそうです。ちなみに原作者は女性です。(以上、いつも行く本屋さんの受け売りです)まさきさんが、もし読まれたら、感想が聞きたいですねえ。今回「ハリ-・・・」からかなり脱線して、すいません。

2007/11/22 (Thu) 01:24 | REPLY |   

>パタリロさんへ  

ハリーポッターは最新作がこの頃、レンタル開始になっていましたね。興行的にはものすごく成功しているシリーズですが、シリーズの芯や軸のようなものがイマイチ見えてこず気持ちがはいりません。勿論、原作を読んでいないというのが大きな要因だとは思うのですが…
「ゲド戦記」は世界3大ファンタジーのひとつですよね??読んではないのですが、世界規模の論争が起きたというのはすごいですね。日本でアニメになったのも相当な思い入れがあったように聞いていますし、ちょっとだけ調べましたが4巻5巻の展開が気になりました。

2007/11/22 (Thu) 03:46 | EDIT | REPLY |   

パタリロ  

ゲド戦記は子供向けの版しかでていませんが、それで十分です。私は西洋の冒険ファンタジ-が大好きで、 ほとんど読んでいたのですが、これだけ読んでいませんでした。一巻を少し読んだところで、ユング心理学の匂いがしました。作者はもともとは大人のファンタジ-を書いていた人です。前半の三巻と後半では、すこし色合いがちがうらしいですね。私は今三巻ですが、その構成力、筆力、そして人間にたいする洞察の深さは凄いです。4,5巻が楽しみです。これにどのような回答を書いたか!
 まさきさんがおっしゃるように、軸と芯がない。うまい表現で感心!「ハリ-・・・」はたんなる娯楽としての楽しみ、それ以上はありませんね。ただ私の好きなゲ-リ-・オ-ルドマンが出ているので、捨てられません。実はこの人が大好きなのです。私の好きな俳優ベスト10の一人です。どんな役でもいいので、健康に気をつけていつまでも、かっこよく変な役やってて欲しいです。噂によると、アル中らしいで・・・・真剣に心配してます。

2007/11/22 (Thu) 10:51 | REPLY |   

>パタリロさんへ  

コメントを読んで「ゲド戦記」がますます気になりました。西洋のファンタジーは苦手なのですが是非、読んでみたいですね。
ゲーリー・オールドマンは面白い俳優だと思います。どんな役でもこなすので、カメレオン俳優の1人と言われてますし。「ハンニバル」や「バットマンビギンズ」など出演作も幅広くてユニークですよね。劇中でいつ殺されるのかドキドキしながら(笑)鑑賞しています。

2007/11/22 (Thu) 20:26 | EDIT | REPLY |   

パタリロ  

 ほんと、たびたびでおじゃましてすいません。ゲ-リ-・オ-ルドマンで夜中に一人盛り上がりをしてしまいました。またまた、おせっかいですいませんが、「シド・アンド・ナンシ-」という彼の初期の映画があります。かの有名なパンク・ロックバンド「セックス・ピストルズ」のべ-シストにして、麻薬中毒者のヴィシャスが恋人との愛におぼれていくという、題材自体はどうしようもない連中の話だし、映像も美しくないのに、なぜか美しさを感じてしまいました。大名作とは言いませんが、好きな作品です。オ-ルドマンが若くて、スタイリッシュで、ノックアウトされました。「レオン」の切れ切れの刑事も最高でした。クラッシク聴いて、切れるなんて、いいですねえ。彼は以外でしょうが、きちんと演劇を学び、舞台を踏んできた人なのですね。天性の才能だけで、演じる人もいますが、基礎のある人は演技の底が堅いですねえ。私は「西洋ファンタジ-」が好きだと言いましたが、正確には「西洋ファンタジ-冒険物」が好きです。ファンタジ-だけってのは、どちらかというと苦手ですね。「シド・・・」をもし見られる機会があったら、まさきさんの感想をお聞きしたいです。ビデオ屋さんに、まだあるかなあ?

2007/11/23 (Fri) 03:00 | REPLY |   

>パタリロさんへ  

ゲーリー・オールドマンの若い頃!!なにか想像できませんね。世間に広く認知されたのはやはり「レオン」からでしょうね。あの役柄は強烈なものでしたその後の「フィフスエレメント」も記憶に残っています。
「シド・アンド・ナンシー」は初めて聞きました。パタリロさんは沢山、映画を御存知で毎回勉強になります。紹介ありがとうございました!!

2007/11/23 (Fri) 09:27 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.