バス男 ★★★★

バス男 [Blu-ray]バス男 [Blu-ray]
(2010/07/02)
不明

商品詳細を見る



 邦題の「バス男」は日本の「電車男」に踏襲してつけられたタイトルだろう。電車男を詳しく観たことはないが「おたく」というつながりで、この題名というのはいささか疑問を感じる。なぜなら今作は日本のような純愛ものではなく、痛快なナポレオン・ダイナマイトの青春劇なのだ。

 とにかく登場するキャラクターの強烈な個性が今作の最大の売りだろう。主人公のナポレオン・ダイナマイト演じる、ジョン・ヘダーは素であの動きなのか、ただ演技をしているのか分からないくらいに自然であり圧倒的、開始数分でキャラが出来上がってしまっている。走り方や物の投げ方、はたまたジュースを飲む様子など、全てにおいて未曾有の動きをしていた。それが面白い!!もし彼が演技でナポレオン・ダイナマイトを演じていたならば今後、私生活においてもナポレオン・ダイナマイトを貫いて欲しいと渇望したくなるほどである。

 日本のいわゆるおたくと違うのは自己表現が出来ているということ、気になる女性がいればダンスパーティーに誘う、また生徒会長にも立候補するなど奥手でネガティブな部分がない、むしろ自身のスタイルを尊重している分、誇らしくて格好よく見えた。

 笑いのツボをつくシーンはたくさんあるが、プラスチックのボールを車で轢いて粉々に砕け散ったシーンが最高!!全体的なゆるさ・雰囲気やブラックユーモアが日本人受けするかどうかは微妙だが、隠れた名コメディとしてなんとなく勧めたくなる作品だ。

スポンサーサイト

4 Comments

パタリロ  

このタイトルの付け方は完全に間違っています。まさきさんの意見に大賛成です。「電車男」みたいなオタク的人物劇とはちがいます。妙な人たちだけど、なんだかゆるく一生懸命に生きている若者たちの青春映画ですよね。私はこの映画、好きなのか?嫌いなのか?自分でも分からないのですが、妙に気になる作品でした。

2007/10/28 (Sun) 23:21 | REPLY |   

>パタリロさんへ  

そうですよね。バスがほとんどでてこないですし(笑)
原題のまま「ナポレオン・ダイナマイト」でもいいような気も、インパクトがないですかね。この作品、個人的には好きなのですが、笑いのツボというかシュールな部分が理解されるかどうかで意見が分かれますよね。好きなのに人に紹介しにくい映画です。

2007/10/29 (Mon) 00:43 | EDIT | REPLY |   

パタリロ  

 ほんとに意味のあるバス出てこないんですよねえ。シュ-ルという言葉が適切ですね。完全にそこを狙っていないのに、だまし絵みたいにシュ-ルな部分が入っているんです。だから、正直、題名から想像していたのと違いすぎて、戸惑いました。コメディで、まさきさんに是非みてほしい作品があります。「ヤング・アインシュタイン」というのですが、随分昔のなので、もう廃盤になっているかもしれません。ビデオ屋さんの端っこで発見されたら、是非是非見てください。設定がまず、おかしい。かの有名なアインシュタインはタスマニア地方生まれで、相対性理論からロックにいたるまで、あらゆる発見をするのですが、正しい知識に基づいて作られているのです。私はこの映画で相対性理論なるものの概要を理解しました。いったい学校で何してたのでしょうか?とても、変なのですが、知的なぶっ飛び方してておもしろいです。

2007/10/29 (Mon) 01:03 | REPLY |   

>パタリロさんへ  

「ヤング・アインシュタイン」知りませんでした。ネットでちょっと調べたのですが、滅茶苦茶、評価高いですね。すごく気になります!!変で知的というところに惹かれます。VHSでの鑑賞が難しいのですがDVDレンタルであるかどうか探してみます。廉価版のセルDVDでも良さそうですね。御紹介ありがとうございました^^

2007/10/29 (Mon) 01:30 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.