ザ・エージェント [Blu-ray]ザ・エージェント [Blu-ray]
(2010/08/25)
ケリー・ブレストン、キューバ・グッディングJr. 他

商品詳細を見る



 スポーツ・エージェントという一般的にあまり馴染みの無い職業、要はスポーツ選手専属の契約請負人のようなものだ。華やかな選手の裏方に徹し、少しでも良い数字の契約が取れるよう奔走するのがジェリー・マクガイアを演じるトム・クルーズだ。いつも表舞台に立っている彼が、この映画では裏方に回り込んでいるという逆転現象。スポーツ業界ではなくむしろ、トム・クルーズ自身のキャラクターで映画業界のエージェントを描いたほうが、よほどドラマチックなものになるのではと思ってしまった。

 邦題は「ザ・エージェント」とあるが、内容はスポーツ・エージェントよりもレニー・ゼルウィガーとの恋模様の描写が色濃く、原題が「ジェリー・マクガイア」とあるように今作は1人の男のヒューマンドラマとなっている。序盤であれだけこの業界を変える、と宣言した割にその活躍が観られず結局は利潤追求になっているような展開には少し疑問が残った。

 見逃せない要素としては俳優陣、キャスティングの巧さだ。トム・クルーズのオーバーアクトの数々、ハイテンションになったかと思えば実は寂しがり屋センチメンタルな一面があるという、感情の起伏もさることながら、そのままのトム・クルーズを観ているようで楽しい。キューバ・グッディング・Jrにぶち切れるところ、「show me the money」と連呼するシーンなど、トップギアへの入れ方はさすがであり、ケイティ・ホームズとの婚約が決まった際のテレビ番組で喜んでいた彼の姿を思い出させた。

 またヒロインには当時まだブレイク前のレニー・ゼルウィガー。トム・クルーズの相手役としては地味な印象を受けるが、家庭的で愛嬌がありキャラクターの魅力は充分。夫に先立たれ子持ち、「世界一老けている26歳」という台詞があったように、またしても負け犬女を演じているのだが、実はトム・クルーズ、ヒュー・グラント、ジュード・ロウととにかく2枚目俳優と共演が多く、レニー・ゼルウィガーの視点から言えば完全な勝ち組である。

 今作でキューバ・グッディング・Jrがアカデミー賞を受賞し世間の評判も良いが、個人的にはアカデミー賞はどうかと思う。落ち目のアメフト選手ロッドを好演しているのは分かるのだが、彼がアメフト選手としてどういう状態なのか、またラストの試合の重要度がいまいち伝わってこず、その辺りが若干不親切かなと感じた。


■関連作品■
宇宙戦争 ★★★
M:I-3 ★★★
コラテラル ★★★★
ブリジットジョーンズの日記 ★★★★
ブリジットジョーンズの日記/きれそうな私の12ヶ月 ★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
随分昔にみたので、細かい部分は忘れましたが、トム・クル-ズ物では一番好きです。彼が彼らしく、のびのび楽しくやっているように感じました。キュ-バ・グッディング・Jrがアカデミ-賞とってたなんて不覚にも知りませんでした。それほどではなかったような?!まさきさんの意見に大賛成です。取り過ぎです。
2007/11/11(Sun) 00:13 | URL | パタリロ | 【編集
今作のトム・クルーズは正にハリウッドスター!!といった感じで、現在では逆に新鮮に観えます。シリアスなドラマばかりのトム・クルーズよりも、たまにはスター性の強いキャラクターも面白いです。キュ-バ・グッディング・Jrの受賞も驚きますが、トム・クルーズも今作でノミネートまでいってるんですよ。それもびっくりです。
2007/11/11(Sun) 01:08 | URL | >パタリロさんへ | 【編集
ええっつ!トムまでノミネ-トされてたのですか?やり過ぎ!選考委員会は何見てるのでしょうか?情けない。ハリウッドは政治がらみの世界ですので、純粋に映画の価値とは違う動きがあるようですねえ。それにしても「エ-ジュント」に政治的なからみは感じませんが・・・うううん、わからない!
2007/11/12(Mon) 01:50 | URL | パタリロ | 【編集
そうですね。今作のトム・クルーズも悪くはないのですが、アカデミー賞とはまた違うような…その後にノミネートになった「マグノリア」では素晴らしい演技をしてましたけど。なんだかんだで僕はトム・クルーズ好きですよ!!新作の「ワルキューレ」も今から楽しみ、いつかアカデミー賞をとってほしいものです。
2007/11/12(Mon) 19:31 | URL | >パタリロさんへ | 【編集
好きな映画がかなりマニアックですネ、
少し重なり合っているところありますが、、、、

トム・クルーズは賞を狙っていますって、あちこっちで明言していますよね。賛成!

でも力のある作品が2,3作続かないと、、そして、その中で一番良くない作品で、賞を取るんですよ、通常は。。。。

貴殿のコメントが的を得て、相当なFANでないと書けないことは分かりますネ。
2007/11/13(Tue) 00:15 | URL | 七色仮面 | 【編集
コメントありがとうございます。
一番良くない作品でっていうのは分かる気がします。
賞が全てではありませんが、現在のハリウッドに貢献したという意味では充分な活躍をみせているので、いつかは受賞してほしいです。「ラストサムライ」などは相当意識していたように思えますね。
2007/11/13(Tue) 01:50 | URL | >七色仮面さんへ | 【編集
 トムは気の毒なことに美しすぎて損してます。スゴ----ク若いときには、わざと出っ歯にして、かっこ悪い役なんかもやっていました。特にファンというわけでは、ありませんが、その必死さが好きですね。
2007/11/16(Fri) 00:33 | URL | パタリロ | 【編集
わざと出っ歯というのは「7月4日に生まれて」ですかね??「レインマン」等、なかなかの名作に出演しているのに評価されないですよね。必死というのは伝わってきます^^
2007/11/16(Fri) 00:48 | URL | >パタリロさんへ | 【編集
 「7月・・・」ではなくて、まだまだ端役で出ている時代だったと思います。記憶のかなたですいません。調べているうちに「卒業白書」に再会しました。出っ歯えんぎはこれでは無かったと思いますが、映画自体凄くいいのです。「トップ・ガン」のまえの作品です。ダイアン・レインがでています。これはちょっとお薦め映画です。それにしても、出っ歯演技のは何だったか気になります・・・・
2007/11/16(Fri) 02:21 | URL | パタリロ | 【編集
7月~ではなかったですか...気になりますね。
「卒業白書」はまだ観たことない作品です。ダイアン・レインも好きなので今度、観てみますね。教えていただき、ありがとうございます!!
2007/11/16(Fri) 22:14 | URL | >パタリロさんへ | 【編集
 すいません。私、間違えていました。トムの映画でダイアン・レインが出ていたのは「アウト・サイダ-」でした。「卒業白書」も面白いですが、お薦めはこちらでした。
2007/11/17(Sat) 00:01 | URL | パタリロ | 【編集
コメントありがとうございます。
「アウト・サイダー」も観てないです(笑)
なんとなく「アウト・サイダー」の方が面白そう!!鑑賞してみますね。
2007/11/17(Sat) 02:10 | URL | >パタリロさんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック