あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディションあるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション
(2007/06/08)
ダニエル・オートゥイユジェラール・ドパルデュー

映画の詳細を見る



 「あるいは裏切りという名の犬」邦題にまず惹き付けられるものがある。この題名に沿うように内容も渋くハードボイルドな仕上がりになっていた。所々に銃撃戦があるものの、今作はアクション映画ではなくレオとドニのある種の対決と、それぞえが抱え持つ心の葛藤を描いている。




*****以下、ネタばれ注意*****




 残念なのは序盤から中盤にまでの盛り上がりに比べ、終盤は大きな事件も解決したせいか話しがスケールダウンし御都合主義な展開をみせていることだ。この辺り工夫をして最後までテンションを維持して欲しかったが、実話をベースにしているための配慮だったのかもしれない。

 それでもダニエル・オートゥイユとジェラール・ドパルデュー両役者が見せる、燻し銀の演技こそが本作品最大の魅力であり、悲哀の主役、ダニエル・オートゥイユに想いが偏りがちだが、モラルに反しようが権力を固持しようとする、ジェラール・ドパルデューの言動のほうが記憶に残るものとなっていた。


■関連作品■
隠された記憶 ★★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック