ウェディング・プランナー ウェディング・プランナー
ジェニファー・ロペス、マシュー・マコノヒー 他 (2005/03/02)
ポニーキャニオン
映画の詳細を見る



 女性に人気、憧れの職業でもあるウェディング・プランナー。その職業に着目・特化したラブコメディなので、これしかないという王道の展開になる。「ウェディング・プランナーが仕事を降りる状況は1つ。花婿に恋をしたときだけ」という台詞通り、主人公のジェニファー・ロペスは結婚式のプロデュースをするカップルの男性、マシュー・マコノヒーを好きになってしまうのだが、そこまでは予定調和。プロのプランナーとして恋心を捨てて仕事に生きるのか、気持ちに正直になり彼を追ってしまうのか、という心の葛藤を可笑しく描いていた中盤までは面白い。




*****以下、ネタばれ注意*****




 しかし終盤になった辺りから、プランナーとして生きつつも他の幼なじみの男性と結婚を決めるという急転直下の展開になってしまい、最終的には同じ日に2つの結婚式が破談→2人がくっつくという、ありえないくらいのドタバタ劇に(笑)途中までこの作品に惹かれていたのは、仕事と恋とのバランスに悩む女性という切ない描写があったからで、後半の急速な収拾のつけ方には疑問が残る。特にマシュー・マコノヒーとは対照的な男性と結婚する、という言動も説得力に欠けるものだった。それならまだ、プロのプランナーとして恋を諦めて結婚式のプロデュースを全うする、ラブコメらしくない展開も哀しげで個人的には好きである。

 互いの悪口を言い合うダンスシーンや石像のあの部分を壊してしまう(笑)というコメディ要素も強くて最後まで飽きずに楽しめた。それにしてもジェニファー・ロペスのような、グラマーな女性がウェディング・プランナーだったら花婿全員持っていくぞ、というどうでもいいことを考えてしまった。


■関連作品■
10日間で男を上手にフル方法 ★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック