ロード・キラー ★★★

ロード・キラー 特別編 [DVD]ロード・キラー 特別編 [DVD]
(2007/06/22)
スティーブ・ザーン

商品詳細を見る



頭から離れない「キャンディー・ケ~ン」


 「ユージュアル・サスペクツ」を観ると「カイザー・ソゼ」という名前が頭から離れなくなるように、今作を観ると「キャンディー・ケン」という名前が頭の中にこびり付いて離れない。「ロード・キラー」は明らかなB級映画なのだが、そのチープさを逆手に取った、なんとも上質な仕上がりになっている。その理由を探ると...

 ・キャラクター設定の巧さ…軽犯罪を繰り返す兄の些細な悪戯が今回の事件の原因になる。しかしその一方で弟を思いやったり、弟のガールフレンドに密かに想いを寄せたり、「悪い奴なのに憎めない」という、絶妙なキャラクター構築は物語に牽引力を与えていた。ガールフレンド役のリーリー・ソビエスキーは、典型的なブロンドのアメリカ美女ではなくどこか田舎っぽい。なのにスタイルのせいか顔つきのせいか惹きこまれるものがあったり、主人公のポール・ウォーカーがこんな作品で全裸になったり(笑)また、妙に優しい強面のドライバーなどなどチョイ役に至るまで、キャラクターの味付けが非常に巧い。

 ・ロードムービーの要素…高速道路を横断し、途中のガソリンスタンドやモーテルが劇中の舞台の大部分を占めている。その映像は美しく、車が走るシーンの際には時折、空撮を交えるなど何気にお金をかけていた。主人公達と一緒に旅をするロードムービーの香りが何とも心地良い。

 ・繰り返されるお約束…犯人と思ったら優しいおじさん、ドアを開けると銃発砲→主人公がドアを開けると実は隣の部屋、急いでいる時にかからないエンジン(笑)ベタなシーンを惜しげもなく連発する潔さが嬉しかった。

 今作ではCB無線機がキーアイテムとなるのだが、よくよく考えると携帯電話が一度もでてこなかった。冒頭のシーンも固定電話、途中のガソリンスタンドでも公衆電話だった。いったいこの映画は何年の設定だったのか、この辺りが犯人の正体よりも気持ち悪かったりする。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.