アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]
(2010/04/21)
ウィル・スミス、アリーシー・ブラガ 他

映画の詳細を見る



唐突な幕切れ感がなければ…


 ドラえもんの秘密道具のなかに「どくさいスイッチ」というものがある。名前を呼ぶだけで嫌な人を消すことができる道具なのだが、のび太は周りの人物を消していき、結局は世界中の人々を消してしまう。1人取り残された世界で好きな物を食べたり、おもちゃで遊んだり、悠々と生活を始めるも直ぐに孤独に包まれるという展開、幼心にも、このシチュエーションは衝撃的で記憶に鮮明に残っていたものだ。「世界で1人だけ」という設定は究極の孤独であり、この上ない虚無の境地だろう。

 本作の冒頭はクリッペン医師のテレビインタビューで始まり、画面が暗転した時には3年後のニューヨークが映し出される。人類滅亡のプロセスを描かず、情報を極力与えず、最初から誰もいない高層ビルと雑草と動物が共存する異様なニューヨークを観せる演出は巧く、一気にこの世界に惹きこまれることに。CGの技術は見た事のない物体を描くことや、激しいスペクタクルシーンに用いられるのが常だが、タイムズスクウェアやブルックリン橋など圧倒的なスケールでありながら、細部まで緻密にCGで再現された動きの無い舞台、巨費を投じたであろう映像にまずは驚いた。

 1人で生き残るサバイバル映画といえば「キャスト・アウェイ」を思い出す。無人島に漂流し、なにもないゼロの状態からライフラインを構築するのに対し、今作ではほとんどの物質が供給過多状態にある大都市圏が無人島であり、それまでの日常とのギャップが面白い。生活感が残っているのに現在は1人、将来に対する希望がないという観点からすれば、今作のほうがより虚無的になるのではないだろうか。劇中のウィル・スミスは規則正しい一定のリズムを守った生活、運動し食事を摂り、パソコンで記録を残し、レンタルビデオを返すという、出来る限り普通の生活を維持することで精神を正常に保っていたように観える。




*****以下、ネタばれ注意*****




 そのような描写から中盤以降は物語が一変する。ダークシーカーと呼ばれるウイルスに感染した凶暴な人間が主人公に襲ってくるのだが、その遭遇シーン、複数のダークシーカーがビルの内部で黙って立っている場面は心底恐い。突発的に驚かせる演出も多く、この手のジャンルが苦手な人にとっては辛いものだったように思う。

 現状を踏まえ、神は存在しないと言っていたウィル・スミスが、娘の別れ際の言葉と、女性の蝶の刺青、蝶に見えたガラスの割れ方で悟ったように行動にでる展開は興味深い。個人的にはこの辺りのテーマを掘り下げて欲しかったが、公開前の試写で不評を買い、急遽撮り直したラストの影響を含め、後半の失速が残念でならない。
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
初めまして。
映画ブログから来ました。
ワタシも同じ感想です♪愛犬サムが死ぬ前まではいい感じで孤独と恐怖が出てたのに、死んでからの展開がちょっとイマイチ。
やっぱり、あの暗闇に10匹くらい立ってるナイトシーカーは激ヤバでしたよね~。ウワッいたっ!て思いました。面白いblogですね。また遊びに来ます♪
2007/12/16(Sun) 00:42 | URL | s-experience | 【編集
はじめまして!!コメントありがとうございます。

あの複数のダークシーカーが、うつむいた状態で震えている??様子は恐怖でしたね。ウィル・スミスの呼吸が乱れている点も恐ろしさを増長させていました。
そのダークシーカーも、後半は堂々と画面に出てきてしまい緊張感がなくなってしまったような…それでも面白い作品には間違いないですね。

今後ともよろしくお願いします^^
2007/12/16(Sun) 01:06 | URL | >s-experienceさんへ | 【編集
足跡よりきました
mixiの足跡から来ました。
ヤフーの評価みたらめちゃめちゃでしたが、
私は単純なので、あまり情報を貰わずはじまり
頭をフル回転しながらみる映画だったので楽しめました。
序曲の所もよく見てらっしゃり助かりました。
2007/12/18(Tue) 12:02 | URL | Shige | 【編集
私もmixiの足跡からおジャマしました。
興味深いご感想ですね。共感するところも多々あり。
確かにもっと掘り下げてほしかった。。。
時間の都合で描ききれなかった、な印象ですね。
最後は少しあっけなくて残念でしたが、楽しめました。
見れてよかったと思います♪
2007/12/21(Fri) 02:02 | URL | タロウマル | 【編集
コメントありがとうございます。
ネットの評価は賛否分かれていますね。
個人的にはあの映像だけでも、充分に観る価値のある作品だと思います。回想シーンのなかで、ニューヨーク市民がブルックリン橋から避難している場面は圧巻でした!!
2007/12/21(Fri) 19:03 | URL | >Shigeさんへ | 【編集
こんばんは!!コメントありがとうございます。
やはり後半は少しだけ物足りない気がしますね。
主人公以上に人気なのが犬☆
この犬の存在は大きいと思いました。
2007/12/21(Fri) 19:20 | URL | >タロウマルさんへ | 【編集
mixiからです♪
そうですね、もう少し後半盛り上げて欲しかったかも。
時間、短かったですね。
ウィルが普通の生活を送る事で、精神を正常に保っている・・・っていうのは、なるほどその通り!ですね。
でも、より孤独を強調している・・・とも。マネキンに告白する・・というシチュエーション、面白いけど哀しいというか・・・。
まあでも、面白かったですけど★
2007/12/22(Sat) 13:44 | URL | 更咲 | 【編集
コメントありがとうございます!!
上映時間は最近の大作映画に比べて短かったですね。集中力が持続する時間と物足りなさを感じる尺度の境界線。なかなか難しいと思います。
マネキンのシーンですが、道端に移動していたマネキンの1回目の登場のとき、確かに動いていたように見えたのですが勘違いですかね??それが未だに気になってしょうがないです(笑)
2007/12/22(Sat) 14:10 | URL | >更咲さんへ | 【編集
mixiの足跡からきました。

アイアムレジェンドの感想はほぼ同意です。

私は、もしかしてこの話は脚本改変されたのかな・・?
と思いました。

「神」という固有名詞を出さなければけっこうしまった最後になったかもしれないのにな、と;
結局、信じるか信じないかが境目になった、みたいなオチでしたね。。
原作を読みたくなりました。
2007/12/30(Sun) 04:09 | URL | WARMSNOW | 【編集
コメントありがとうございます。
後半は宗教や哲学的な空気も、若干ながら漂っていましたね。個人的には「神」にもっていく展開はよかったのですが、それを語るには時間が短かったかなと思います。
鑑賞後はM・ナイト・シャマラン監督の「サイン」を少しだけ思い出しました^^
2007/12/30(Sun) 14:17 | URL | >WARMSNOWさんへ | 【編集
自分としては、予告で「世界でたった一人」といってたのに
終盤で、いっぱい生存者出てきて・・もうなんだか・・

あと、バイオハザード的な映画だと思ってなかったのでガッカリ感あったり・・;
2008/04/27(Sun) 09:43 | URL | 桜島大根 | 【編集
意外とホラー映画の要素が。
他の人の感想でも、前半は面白くて後半がイマイチだった。という意見が多かったですね。

少数の生存者も、希望を残すという意味で必要だったのかもしれないですね。
2008/04/27(Sun) 12:54 | URL | > 桜島大根さんへ | 【編集
mixi足跡からきました。
同じくピークは愛犬サムの死のところだった気がします。
ラストがあまりにも短絡的過ぎて何も残るものがなかったです。
前半は非常におもしろかったんですけどね。
2008/05/03(Sat) 15:51 | URL | tk4 | 【編集
愛犬サムが人気!!
こんにちは!!コメントありがとうございます。

多くの人があの"サム"の最期が1番悲しかったとコメントしていますね。世界滅亡のプロセスを描いた映画では、人より犬が助かったりすることが多いです。「インデペンデス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」などでも、犬はギリギリで助かっていますし。感動を引き起こす、脚本術がありそうですね^^
2008/05/03(Sat) 16:03 | URL | > tk4さんへ | 【編集
ラストについて
ラストは、配給会社のダメが出て、急遽あのような的外れなラストに変更されたのだそうです。原作の話は、ものすごい興味深い内容になっています。映画とは全く違います。
2008/06/15(Sun) 01:31 | URL | チュチュ姫 | 【編集
別バージョンの。
DVDには別バージョンのラストが収録されているみたいですね。ウィル・スミスが死なない展開、というのも聞いたことがあります。
2008/06/15(Sun) 02:05 | URL | >チュチュ姫さんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
地球最後の男に希望はあるのか。 鑑賞後:.★★★☆. 大作らしく大味といえば大味だし、でも深く見ようと思えば深く見ることもできる。そん...
2008/04/10(Thu) 00:44:58 |  PICO*THEATRE