オープン・ウォーター2 [DVD]オープン・ウォーター2 [DVD]
(2007/12/21)
スーザン・メイ・プラット、リチャード・スパイト・ジュニア 他

商品詳細を見る



 大海原に停泊している男女6人が乗った大型ヨット。泳ぎを楽しもうと海に飛び込み始めるが、事もあろうに梯子を出さずにダイブ、6人全員が海にいる状態になってしまう。登れそうで登れないヨットの壁面、こうして6人がヨットに戻れず海に取り残されてしまう。非常にシンプルな話しで馬鹿馬鹿しく思えるが、些細なミスから死に追い込まれる状況に移行する様子はリアリティがあり大変に恐い。事実を元にしているという冒頭の字幕も、恐怖を煽る演出として大いに効力があった。

 スタートして20分ほどで全員が海に居る状態にあるため、残り70分は全て海面の出来事であり、登場人物は水面に浮くため常に手足をバタバタさせている。精神状態もさることながらこの行為は観ている側まで疲れてしまう。ヨットに戻る方法として各々の水着を集めて結び、ロープを作るという作戦があった。これはサービスカットが望める(笑)と期待したが、その後もストイックなまでに水面上の首から上を映す演出のみ、この手の作品にしては大真面目なものであり残念。

 それまで陽気だったグラマーな女性が急に神に縋ったり、重要な道具を駄目にする足を引っ張ってしまう人だったりキャラクター設定は面白い。ただ、海面で70分もたせるだけのネタがなく、所々で退屈に思えたのも正直なところである。同じ都市伝説系・パニック作品として「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」は良く出来ているな、と今作を鑑賞して改めてそう感じてしまった。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック