マルティナは海マルティナは海
(2004/02/27)
レオノール・ワトリング

映画の詳細を見る



 「トーク・トゥ・ハー」で難しい役を見事に演じたレオノール・ワトリング、彼女が出演した作品とのことで期待をこめての鑑賞だった。実際レオノール・ワトリングは官能描写が多い今作でも、惜し気もなく身体を露出させ、ウリセスとの愛に悩む悲劇の女性を好演している。スペインの港町や海岸線など映像も綺麗なのだが、物語のせいか、淡白な展開のせいか、レオノール・ワトリングの魅力のみが印象に残ったほどだ。

 「マルティナは海」は古典的な文芸恋愛ものである。こんな先生は居ないだろうと言いたくなるほど、セクシーなオーラを放っていたウリセス役のジョルディ・モリャ。彼が国語の教師という設定もあってか劇中の台詞は詩的なものが多く、繰り返される文節は2人の行く末を暗示するものだった。




*****以下、ネタばれ注意*****




 中盤までは割と飽きずに鑑賞していたのだが、事故死と思っていたウリセスが実は死んでおらず町に戻ってきた辺りから熱が冷めてしまう。まず彼が、正に今、海から上がってきたばかりと言わんばかりの格好、コントみたい(笑)しかもマルティナと再開しての一言目が「約束したマグロだよ」って、お前は浮気していて何言ってんだと突っ込みたくなる。またマルティナとやり直すために、使われていないアパートで隠居生活を始めるのだが何故か裸(笑)暑かったのだろうか??しかもこんな生活に耐えられないと言い出し、挙句の果てにはボートの帆が頭に直撃して死亡と良いとこなしである。

 あれだけ献身的に尽くしてくれたマルティナを裏切り、子供ができたら浮気、失踪、戻ってきてやはり好きだ、というのは虫が良すぎる。男性側の完全なエゴなのだが、本来兼ね備えている男性のメンタリティの弱さ性格が、ウリセスのキャラクター造詣にピタリとはまっているのかもしれない。


■関連作品■
トーク・トゥ・ハー ★★★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
mixiたどってここまできました
 この映画はケッコウ 頭の中で大討論会を開いた映画です モチロンあたし一人で考えたってことなんですけど、、、
恋愛というものの考え方が日本人とはそもそもちがうのかなあ とかイロイロ考えました。 もどってきた男の台詞というか 語る物語に 王女さまが男がいなくなるのを おそれて塔にとじこめてしまうっていう お話をするところがすごい 気に入っているのです。
 んと何が言いたいのかわからなくなったのでこのへんで m(_ _)m マタよらせていただきます
2008/03/30(Sun) 23:48 | URL | まか | 【編集
コメントありがとうございます。
こんばんは!!コメントありがとうございます。

まかさんの言うように、後半の展開は少し現実離れしていますよね。古典特有の詩情的な方向に向かった気がします。
2008/03/31(Mon) 00:21 | URL | >まかさんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック