あなたにも書ける恋愛小説 ★★

あなたにも書ける恋愛小説あなたにも書ける恋愛小説
(2004/11/05)
ケイト・ハドソンルーク・ウィルソン

映画の詳細を見る



小説家と速記者のラブコメディ




*****以下、ネタばれ注意*****




 普段は映画ばかり観ている自分が、たまには小説でも読んでみるかなという気が少し起こった。劇中の2人の掛け合いを眺めて、映像とはまた違う、文節ひとつに込められる、言い回しや表現などを探りたくなったのだ。もっとも劇中内で出来上がる物語が傑作とは思えず、あの完成度で12万ドルの小切手を渡すという流れには疑問を感じた。

 今作がユニークなのは、小説を完成させるため小説家と速記者が居る部屋から、恋愛小説のなかの世界へと場面が切り替わる、言わば劇中内劇がある構成だ。作家のルーク・ウィルソンの描くキャラクターや展開に、駄目をだす速記者のケイト・ハドソン。主演の2人も小説内のキャラクターを演じており、その彼女の指摘により同じ場面を違ったシチュエーションでやり直させる部分などは、ラブコメお約束の演出だろう。小説内で三角関係に落ちるという流れにもって行き、後半でその女性像とそっくりな人物が、突然ルーク・ウィルソンの前に現れる展開は巧い。彼自身、恋愛小説では2人の間にもっと障害が必要だと語り、現実世界でその女性が正に2人の障害となるべく出現するのだ。

 しかしその盛り上がりもラスト付近では、やや安易な方向に進んでしまう。ケイト・ハドソンに小説の内容を変えさせて、小説でも現実でもハッピーエンドになるという、誰にでも予想できる場所に着陸したのは残念である。安易なオチとラストで少し駆け足気味になったのもロブ・ライナー監督らしからぬ、あっさりしたものだった。


■関連作品■
10日間で男を上手にフル方法 ★★
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.