シッコ [DVD]シッコ [DVD]
(2008/04/04)
マイケル・ムーア

映画の詳細を見る



 お金の有無で人の死期が左右される


 つい先日、腸炎にかかり、ものすごい腹痛のなか病院に行った。痛みの部位から盲腸の疑いもあるとのことで、なにやら検査を受けたのだが、支払いの際の金額を見て驚く。医療費3割負担とはいえ、想像以上の金額に会計のレジを眺めながら、前よりも腹痛がひどくなった気がした。お金を持ち合わせずカードで支払いながら、日本の医療制度を恨んだのを覚えている。しかしである「シッコ」を何10分間か鑑賞すると、そのような考えから一変して、日本に生まれて良かったと少しながら思ってしまったのだ。

 まず、自分が無知だったのだが、アメリカは国民皆保険制度が無い、唯一の先進国だったことを初めて知った。そのためアメリカでは、自分で民間の保険会社に保険料を支払い、その後で病院の医療を受けることになる。しかし民間の保険会社は、利潤を追求するあまり既往症や治療の必要性の無さなど、難癖をつけて患者に保険料を支払わない。保険会社に従事し、審査する医師も非承認を出し続けることで、保険料を抑えたとみなされ、地位や報酬が上がるというおかしな現象が起きているのだ。そのようなアメリカの実状とカナダ、イギリス、フランス、キューバの医療制度とを比較しながらドキュメンタリーは進んでいく。


華氏 911 コレクターズ・エディション華氏 911 コレクターズ・エディション
(2004/11/12)
ドキュメンタリー映画

映画の詳細を見る



 印象的だったのは「健康な人が、見ず知らずの人のためにお金を払っている(税金を納めている)」ということが、理解し難いと発言したマイケル・ムーア監督の姿だ。病気になったのなら、その人自身でどうにかしなければならない。それがアメリカ人の普通の発想であり、さすが自衛の国だなと監督の言動に妙に納得してしまった。

 では日本はどうだろうか。国民保険制度はあるものの、平成20年度からは後期高齢者医療制度が始まり高齢者の負担は増え、 また、介護報酬を不正に請求し処分を受けた企業もでてくるなど、制度や規制緩和の行方は不安定である。大切なのは助け合いの精神だ。

 本作のラストの言葉にあるよう「私ではなく、私たちを大切にする精神」は国民に健康と自信を与え、それが全体としての生産性を向上させるのではないだろうか。何においても、アメリカ志向になっていく日本の未来には、不安を覚えてしょうがない。お金の有無で、人の死期が左右されることが当たり前ならば、それは笑えない事象である。


■関連作品■
ブリッジ ★★
デート・ウィズ・ドリュー ★★★
エンロン/巨大企業はいかにして崩壊したのか? ★★★

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック