インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説 [Blu-ray]インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説 [Blu-ray]
(2013/12/20)
ハリソン・フォード

映画の詳細を見る



純粋な冒険活劇、恐怖と面白さは紙一重。


 インディ・ジョーンズ第2弾はシリーズ中でも異色作と言われ、ファンの間でも賛否分かれる作品として議論が絶えない。ナチス・ドイツが絡まない、描写がグロテスク・暗い、ヒロイン・子供が騒がしい(笑)などの非難もあるが、個人的には「魔宮の伝説」も大好きである。

 前作「レイダース」でインディ・ジョーンズのある程度のフォーマットが出来上がっているが、冒険活劇物という観点からすると、奴隷の子供達を救い村の宝を取り戻す、険しいジャングルや奥深い洞窟が舞台である今作のほうが、純粋なアドベンチャーとは言えないだろうか。

 しかし、3部作で群を抜いて気持ち悪いのも「魔宮の伝説」だ。心臓をえぐりとられ、ワニに食べられ、猿の脳みそのシャーベットがでてくるなど、際どいシーンの数々にアメリカ公開時には新たなレイティング枠を設けたほどである。そのなかでも昆虫の大量発生のシーンはきつい。名前も知らないような、虫がうじゃうじゃと湧き出し、ムカデ・ゲジゲジ・甲殻類やカマキリ、蛆虫、、、思い出しただけでも背筋が凍るようだ。

 恐怖と面白さは紙一重だ。危険なものほどスリルがあり、美味しい食べ物ほど体に悪いものである。スピルバーグ監督はそのことを充分に理解しており、ブラックな描写をあっさりと見せる所にエンターテイナーとしてのセンスを感じさせる。終盤ではトロッコチェイスや吊り橋を真っ二つに斬り裂くシーンなど、CG全盛期の現代でも見劣りしない最高に美味な見所もあり、ラストまで息つく暇も無い。

 その「魔宮の伝説」がシリーズ中で1番面白いという人も多く、1番面白くないという人も多いのは興味深い結果だ。個人的には、多くの人に今作を推したいのだが、スピルバーグ監督がDVDのコメントで「3部作のなかで最も思い入れのない作品だ」と断言してしまっているから救われない。


■関連作品■
インディ・ジョーンズ/レイダース失われたアーク ★★★★★
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 ★★★★★
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 ★★★★★
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 ★★★

ターミナル ★★★
ミュンヘン ★★★
宇宙戦争 ★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
はじめまして
 はじめまして。Eijiといいます。
 俺はこのシリーズの中で、この魔宮の伝説が一番、面白かったです。
 小学生のときだったか、初めて見たときは食い入るように夢中になりました。
 こんな冒険がしたい!っと(笑)。まさに、冒険ですね~~!
2008/04/15(Tue) 21:57 | URL | Eiji | 【編集
やっぱりインディ・ジョーンズ!!
コメントありがとうございます。

僕も当時は「魔宮の伝説」が1番好きでしたね。いまは「最後の聖戦」が好きですが、結局は3作とも好きです(笑)インディ・ジョーンズシリーズはビデオ版も買って巻き戻ししながら、何度も観てました。

新作が今から待ちきれないですね!!
2008/04/16(Wed) 00:05 | URL | > Eijiさんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック