大いなる陰謀 (特別編)大いなる陰謀 (特別編)
(2008/08/22)
ロバート・レッドフォードメリル・ストリープ

映画の詳細を見る



 豪華出演陣だが、もうひとつ踏込みが足りない


 トム・クルーズが自分の部屋から一歩も外に出ない映画。他の作品で激しく走り回る彼が、政治家(共和党の上院議員)を演じ、会話のみの出演となるのは珍しいことだ。「大いなる陰謀」はロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズのハリウッド3大スター共演が話題となっているが、そのほとんどが密室劇で、3人全員が交わるということでもない。

 アフガンで繰り広げる新たな作戦・戦略を軸に、政治家とマスコミ、大学教授と生徒、作戦を遂行している兵士の3つの場所が舞台となり、同時刻で話が展開される。まったく関係のないように見える、個々のエピソードが次第に繋がっていく構成は「バベル」を思い出させた。




*****以下、ネタばれ注意*****




 同時刻・国を跨ぐ物語はスケールの大きさを感じるが、場所が点在し会話がほどよい部分で移り変わるせいか、感動やメッセージ性が散漫となっている。新たな驚きや緊迫した展開もなく、メリル・ストリープを除いては演技の見せ場もそれほどない。若い兵士2名が銃弾を浴びる場面でも、壮大な音楽・スローモーション・フラッシュバックと演出も手垢のついたものだった。

 「大いなる陰謀」という邦題も意味もなくミスリードを誘う。陰謀とあるせいで、ロバート・レッドフォードとトム・クルーズが裏で繋がっているのか、と予想するが共謀していることもない。政治的な娯楽要素の強いサスペンスを期待して劇場に足を運ぶと、肩を落とす結果となるだろう。原題の「Lions for Lambs」の方が作品の中身を端的に示している。

 アメリカの現状、戦争への政策、マスコミの情報操作、若者への教育・将来・無関心さを危惧するロバート・レッドフォードの熱意も分からなくはない。ただ、それを伝えるための踏み込みや語り方が圧倒的に足りなかったように思える。


■関連作品■
Mi : 3 ★★★
宇宙戦争 ★★★
コラテラル ★★★★
ザ・エージェント ★★★
プラダを着た悪魔 ★★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
納得
 星の数が同じでうれしいな(笑)。

もっと知的な作品かと思ってました。
レッドフォードの空振りが痛々しい。
ちなみに「クローバーフィールド」も
同じ意見です。

mixiの足跡からお邪魔しました。
2008/04/21(Mon) 21:23 | URL | ミドル | 【編集
悪くはないのですが。
こんばんは!!コメントありがとうございます。

「大いなる陰謀」の会話劇というのは好きなのですが、もうひとつ心に響きませんでした。ロバート・レッドフォードの気持ちも分かるんですけどね、もうひと味がほしかったです。

今後とも、どうぞよろしくお願いします!!
2008/04/21(Mon) 22:47 | URL | >ミドルさんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック