東京タワー ★★

東京タワー プレミアム・エディション東京タワー プレミアム・エディション
(2005/07/21)
黒木瞳岡田准一

映画の詳細を見る



 黒木瞳と岡田准一の20歳以上の年の差、不倫の話ということで話題となっていた今作、実際のところ「東京タワー」には2組のカップルの不倫劇を描いている。

 お金持ちで社会的な地位もある黒木瞳、お金持ちで純粋で詩やクラッシク音楽を好み美術センスにも長けている岡田准一カップルは高層ビルの一室、別荘、パーティー会場、東京タワーの情景が常にバックにあるなど演出や舞台が幻想的で非現実的で一般には有り得ない不倫劇。

 一方、専業主婦、憎らしい姑、嫌な夫をもつ寺島しのぶ、年上・人妻が良いという嗜好をもつ(あくまで興味本意)松本潤のカップルはアルバイト先での出会い、洗濯・ゴミだし、お金の授受などなどかなり現実的なものに。
 
 設定も展開も対極あり結局この作品の主張はなんだったのだろうか、不倫を否定したと思えば肯定しているようにもとれ、それほど悲劇的にも映っていない。一時的な現実逃避を黒木瞳と岡田准一のカップルに求めて鑑賞してしまうと、寺島しのぶと松本潤のカップルで一気に暗い現実世界に戻されてしまうので注意が必要だ。個人的に酢豚のくだり・使い方は大好きだった。


■関連作品■
愛の流刑地 ★★
スポンサーサイト

4 Comments

じゅーりあ  

こんにちは
わたしはTV放送時にこの映画を観ました、江國さんの
小説が好きな事もあって。
現実ではありえないような若い男の子との年の差恋愛
夢物語な内容に女性はきっと憧れるんですね。
わたしはそんなには惹かれる映画ではなかったのですが…、
女性的じゃないんでしょうか。
ただ、これよりは「きらきらひかる」や先日観た「間宮兄弟」
などの江國作品の映画の方が好きでした。

2007/05/06 (Sun) 11:37 | REPLY |   

まちゃ  

こんばんは。
じゅーりあさんコメントありがとうございます。
この作品は夢物語のように描くこともできたのに、あえてもう一組カップルを登場させたのが個人的によく分からなかったです。話題性だけが先行してしまったのかなとも思えます。とは言え黒木瞳と岡田准一のカップルとなったらドキドキしますね。

この間、じゅーりあさんから教えていただいた「ローサのぬくもり」。レンタルショップに行ったらVHSしかなくて、、、家にはDVD機しかないので借りれませんでした。別のお店を探してみようと思います。

2007/05/07 (Mon) 23:40 | REPLY |   

ケイコッチ  

 江國香織が好きなコトもあり、岡准ってコトもあり・・・。
 小説では冒頭の「恋はするものではなく、落ちるものだ」がすごい好きなんですが。
 岡准と黒木さんだと、ホント不倫を肯定してる感がつよくなっちゃいますよね。だって美男美女すぎ。旦那様が岸谷五郎だからなおさら!?
 松潤は・・・・・・。私は中華がスキで中でも、イチバンは酢豚なので、コレみてしばらくは食べたくなかった。
 加藤ローサ(けっこうスキ)がひそかに出ててちがう意味で笑った。

2007/09/15 (Sat) 10:34 | REPLY |   

>ケイコッチさんへ  

コメントありがとうございます。
小説にはそんな一文があるんですね、感慨深い一文。
酢豚の描写はやっぱり印象に残りますよね!!あの焦げ付く感じがイライラする内面とリンクして良かったです。
加藤ローサ出演してましたっけ??よく覚えてないなぁ(笑)松潤パートの絡みでしたっけ??

2007/09/15 (Sat) 10:51 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.