ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (Blu-ray Disc)ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (Blu-ray Disc)
(2008/08/20)
ダニエル・デイ=ルイスポール・ダノ

映画の詳細を見る



群像劇を離れ1人の男に注視したポール・トーマス・アンダーソンの新境地


 "ダニエル・デイ=ルイス!!"この一言に尽きる。物語・プロットを忘れさせ、1人の人間に対してこれほど魅せられる作品に出会ったのは久しぶりだ。現在商業ハリウッドに反抗するかのように、職人気質・メソッド演技を備えた俳優が居たことをまずは嬉しく思う。

 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」では主人公(ダニエル・プレインビュー)の他、信仰と自我の言葉に溺れるイーライやプレインビューと行動を共にするH.W.など、面白いキャラクターは登場するが、今作はあくまでダニエル・プレインビューの物語である。その存在は地上よりはるか上にそびえる、油井やぐらのごとく圧倒的なものであり、他を寄せ付けず全てを支配していた。

 「群像劇」というレッテルを貼られたポール・トーマス・アンダーソンは、今作では多人数・同時平行というトリックを排除し、1人の男の一大叙事詩を見事に完成させている。それまでのイメージからの華麗なる脱却と監督の柔軟な創作性に、今回も強烈なパンチを喰らった気分だ。




*****以下、ネタばれ注意*****




 意外だったのは、ラスト20分ほどで時代と作品の空気が一変したことだ。「2001年宇宙の旅」のラスト、木星からとある部屋へとワープしたかのごとく、カリフォルニアの荒野から邸宅へと舞台が移る。それまでのダイナミックな画、夕陽を覗き込むような光はなく、狭く暗く異常な空気が漂うこの部屋はプレインビューの精神世界といってもいい。

 H.W.と決別を交わし、狂気に満ちた彼はイーライを殺してしまう。数々の酒の瓶、ボーリング部屋や"ミルクセーキ"といった言葉がその倒錯性を助長させていた。それにしてもダニエル・プレインビューは興味深い人物である。誰とでも一旦は親しくするも、相手が少しでも利己的な態度にでると、一瞬にして距離を置き憎悪の対象となるのだ。

 なにが彼をそこまで追い詰めるのか、その過去に秘密がありそうだが本編で語られることはない。長年1人でピッケルを片手に採掘を重ね、それらの強烈な精神力が研ぎ澄まされたのだろうか??いずれにせよ、このラストの一連のシーンはダニエル・デイ=ルイスをイメージする上で、長い間語り継がれる場面となるだろう。


■関連作品■
ブギーナイツ ★★★★
パンチドランク・ラブ ★★★
リトル・ミス・サンシャイン ★★★
ミュンヘン ★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
はじめまして
mixiから来ました。ゼア~ 未見なのですが、

誰とでも一旦は親しくするも、相手が少しでも利己的な態度にでると、一瞬にして距離を置き憎悪の対象となるのだ。

ここがささりました。
やはり見なければ。。。
2008/05/11(Sun) 15:35 | URL | abyss | 【編集
こんにちは!!
コメントありがとうございます。

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」是非、鑑賞してください。お勧めです。ただ、上映している劇場が限定されていることや、作品の時間が長いのが少しネックですかね。

それでも狂気の演技を見せるダニエル・デイ=ルイス!!必見ですよ。
2008/05/11(Sun) 16:16 | URL | > abyssさんへ | 【編集
はじめまして
非常に誠実な映画レヴューサイトとお見受けいたしました。こういった読み甲斐のあるサイトにはなかなかめぐり合えませんので、どうか末永くお続けください。

さて、この映画なのですが、私もプレインヴューのキャラクターについては理解しかねるところがあり、そこがこの映画の魅力となっています。この映画に関しては、ブロガーさんたちそれぞれ違う解釈があって面白いです。
2008/06/14(Sat) 20:22 | URL | チュチュ姫 | 【編集
はじめまして!!
こんばんは!!コメントありがとうございます。

ブログのことを褒めていただいて、嬉しいです^^ どこまで出来るか分かりませんが、時間があれば更新を続けたいと思います。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」は本当に様々な解釈がありますね。DVDがリリースされたときに、また再見しようと思います。
2008/06/14(Sat) 21:21 | URL | >チュチュ姫さんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック