ミスト [Blu-ray]ミスト [Blu-ray]
(2009/09/02)
トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン 他

映画の詳細を見る



常に裏目にでる主人公の行動、霧が晴れたときに…


 「ショーシャンクの空に」を観た後に「ドリームキャッチャー」を観ると、原作者が同じ人だということが信じ難くなる。スティーブン・キングが描く世界は、時に多くの人の涙腺を刺激し、またその一方でホラー要素をふんだんに盛り込み、鑑賞者を恐怖に陥れるカルト作品も執筆し続けている。

 両極端のベクトルを走る彼の新作映画「ミスト」は、雑誌広告や予告を見ると感動系というイメージがした。ただ、映画秘宝で紹介されていたことやR-15指定からホラー系とも想像できた。よく分からないまま、警戒しながらの鑑賞.....結論をいえばカルト作品だが、最後で想像を超える虚無感に襲われる驚くべき怪作なのである。

 極限状態での人間模様や異常な精神が交じり合う緊張感、様々なクリーチャーとの闘いなど、まさしくカルト映画の集大成であり、豪華な祭りのようでこの上ない高揚感を味わった(途中までは)。反面、フランク・ダラボンとスティーブン・キングのコンビということから「グリーンマイル」のような感動を求め劇場に足を運ぶと、肩透かしを喰らう結果になるだろう。




*****以下、ネタばれ注意*****




 「ミスト」には映画シナリオ上でのタブーを破る展開が2つあった。ひとつは主人公が最後まで信仰心を受け入れず、そのシンボル的な存在の人物が抹消されたこと。もうひとつは自分の手で我が子を銃殺したことだ。勿論、その行動には納得しうる理由があったのだが、その意外な捻りがラストの"霧が晴れてしまう"という悲劇を際立たせた。主人公は最終的に4人の人間の命を奪い、"罪"を犯してしまう。その結果として「死」以上の"罰"をうける展開がなんとも皮肉である。神や信仰は尊いもの、とまでにはいかないが、罪や煩悩には必ず災いが起こるというメッセージなのだろう。

 それにしても主人公トーマス・ジェーンの行動・選択はほとんど裏目にでている。絵を片付けなかったこと、序盤で母親を助けなかったこと、発電機から物音がするとのことで倉庫に皆を集めてしまったこと、薬局に行ったこと、ボンネットにある拳銃を拾ったこと。子供に優しく強い父親として当然主人公に感情移入し、その選択を信じるが、鑑賞者共にすかさせる結果には脱力感を覚えた。後味の悪い映画として、また運のない主人公、救いのない映画として「ミスト」は今後も長く語り継がれそうだ。


■関連作品■
シークレット・ウインドウ ★
ブギーナイツ ★★★★
ファンタスティック・フォー/超能力ユニット ★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
はじめまして
こんにちは、はじめまして。
私も先日見てきました。
ラストは本当に後味が悪いのですがだからこそこの作品は傑作になったと思います。
ハリウッド流ハッピーエンドだったら私は凡作と感じた事でしょう。
作品として意味のある後味の悪さじゃないでしょうか。
2008/05/14(Wed) 13:06 | URL | Gilles | 【編集
衝撃でしたね。
こんにちは!!コメントありがとうございます。

バッドエンドですが、僕もそのほうが意味があって好きですね。霧が晴れてしまうこと、生き残ってしまうことがどれほど苦しいことか、痛烈な印象を与えてました。

霧の向こう側から戦車が現れたときは、本当に驚きました。
2008/05/14(Wed) 13:30 | URL | >Gillesさんへ | 【編集
足あとから来ました。
はじめまして。

僕はすっかり主人公(とその仲間)に共感してしまっていたので、主人公の行動がすべて裏目に出ていることに気付きませんでした。言われてみれば、そうだなあ、と思いました。

短編にまとめたら、トワイライトゾーンのエピソードに加えられるような内容なんですが、しっかり作り込んだことで良い映画になりましたね。
2008/05/22(Thu) 12:05 | URL | ぱた | 【編集
霧の向こうに。。。
こんにちは!!コメントありがとうございます。

これほど、行動が裏にでる主人公も珍しいですよね。あのとき、ああしていれば…と考えずにはいれません。

「トワイライトゾーンのエピソード」はたしかにそうですね。異次元との穴やあの怪物の数々で、もう一作品観てみたいな、と思いました。
2008/05/22(Thu) 15:04 | URL | >ぱたさんへ | 【編集
はじめましてこんにちは
mixiの足跡からお邪魔させていただきました。
私と同じ事をしている方が、いらっしゃるんだなあと思い、コメントさせていただいております。

さてさて「ミスト」について。
私は、視覚的にエグいホラーが苦手なので、評価が低めだったのですが、B級映画好きにはかなりの傑作なのではないかという印象を受けました。
ただ、「ショーシャンクの空に」や「グリーンマイル」のイメージを期待して泣く気満々で行くと、確かに痛い目を見ますね。
オチや物語に関しては、あまりビックリしなかった方なのですが、全編を覆う恐怖と絶望にはじわじわと追い詰められ、体に毒が溜まりました。
頭よりも体で理解する映画なのではないかと思いました。
2008/05/24(Sat) 16:37 | URL | ばけらった | 【編集
嬉しい期待外れ。
コメントありがとうございます!!

グロテスクな描写が苦手な人にとっては、つらいものだったと思います。ばけらったさんのおっしゃるとおり、物語や世界観は傑作の部類に入るでしょう。
奇妙な虫の群れは、個人的には楽しめました。
2008/05/24(Sat) 18:08 | URL | >ばけらったさんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック