バットマン リターンズ ★★★

バットマン リターンズ [Blu-ray]バットマン リターンズ [Blu-ray]
(2010/04/21)
マイケル・キートン、ダニー・デビート 他

映画の詳細を見る



 バットマンの見所は"悪役"そのような空気ができたのは、前作でジョーカーを演じたジャック・ジャックニコルソンの影響に違いない。続編となるリターンズでは、ペンギン、キャットウーマンという2人の敵が登場し、それぞれダニー・デヴィートとミシェル・ファイファーという面白い配役になっている。しかし面白いのは俳優陣だけではなく、キャラクターの味付け・ダークさもまたユニークだった。

 ジョーカーは生まれながらの悪だったのに対し、今作に登場する敵は元々は悪くなく、様々な要因から変わってしまうのだ。それは両親であったり、企業・組織であったりするのだが、バットマンを含め3人ともトラウマを抱えながら戦うという暗い三つ巴戦が面白くも哀しい。

 よくよく観ると、1番のワルは原子力発電所を造り利益を独占しようとした、クリストファー・ウォーケンであり、彼やキャットウーマンとの間で振り回されたペンギンが最も可哀想に思えてしまう。孤児として下水道で育ち、奇形で日陰で暮らしてきたという設定は、ティム・バートン得意のタイプのキャラクターだ。また全編に渡りキャットウーマンの変身ぶりや動きが印象に残る。側転やムチでの縄跳びなど、トリッキーな戦いに好感を抱き、「ミャーオ」と言った直後に背後の建物が爆発するシーンなどは最高にクールなものだった。

 ティム・バートンワールドも健在で、各種小道具や美術など細部までこだわりが観れるのだが、前作ほどゴッサムシティに広がりを感じられず、スタジオのような雰囲気がしたのは非常に残念である。クリスマスツリーが植えられた一画を何度も行き来しており、前作でいう教会や美術館のように他のロケーションも描いてほしかった。


■関連作品■
バットマン ★★★★
バットマン リターンズ ★★★
バットマン フォーエヴァー ★★
バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲 ★
バットマン ビギンズ ★★★★
ダークナイト ★★★★★
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.