告発のとき [DVD]告発のとき [DVD]
(2009/01/07)
トミー・リー・ジョーンズシャーリーズ・セロン

映画の詳細を見る



 近年、ハリウッド製作の戦争映画はより内省的なものへと向かっており、「告発のとき」はその最たる映画であった。今作でトミー・リー・ジョーンズは、失踪した帰還兵の息子の行方を追うのだが、それはいつしか現在のアメリカが抱える問題、イラク戦争で受けた兵士のストレスを探り出す行動へと繋がっていく。




*****以下、ネタばれ注意*****




 息子の行方不明に、軍や国を巻き込むとてつもない陰謀があるのかと思えば、親しい仲間内での殺人であったという結末。話の起伏の少なさは意外に思えたが、真実を淡々と証言する兵士のラストのくだりは大変怖いものがあった。人間性・感情を戦争により奪われた若者。巨悪を討つのではなく、このような結末こそが逆にリアリティを与え、戦争に対する見方を変えてゆく。

 「7月4日に生まれて」などベトナム戦争を始め、帰還兵の苦悩はよく知られたものだが、何故このような事象をアメリカを含めて繰り返してしまうのか。「大いなる陰謀」でのトム・クルーズの言葉、「9.11のあの朝、誰が冷静な判断を下せただろうか」そのようなニュアンスの台詞を思い出した。止められない報復の連鎖ということになるが、一時的な怒りや感情の乱れは、新たなストレス(PTSD)を生み出してしまうのだ。

 印象的だったのはトミー・リー・ジョーンズの首の傷が塞がらず、そこから再び血がでてきたシーンだ。息子の死亡を暗示させる効果。そして「ノーカントリー」でも同じような演出があったが、傷口を抑え完全に止血をしなければ、血は止まらない、報復は終わらないということだ。

 このことを踏まえ、アメリカはいよいよ止血をする時が近付いているのだろうか。灰色の空と萎びた逆さまの国旗が、疲弊した人々の行き場のない苦しみを代弁していた。


■関連作品■
ノーカントリー ★★★★
スパイダーマン3 ★★★
ホリデイ ★★★
プラネット・テラー in グラインドハウス ★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
はじめまして,
mixiの足跡を辿ってみました。v-411

トミー・リー・ジョーンズの傷口の場面、思い出しました。
よく観ていらっしゃいますね。
深いです。(私、忘れてました^^;)

この映画,クラッシュやミリオンダラーベイビーの脚本を手がけていた方の作品という事で,さぞ観客動員数もかなりのものでは,と思っていたのですが、観客の少なさに拍子抜けしてしまいました。日本人にとって興味のない問題なんでしょうかね。
これを観て思ったのは、これからのアメリカ。このような心が不安定になってしまった若者たちが帰還した時に、周りはどのように受け入れてやれるのか、今後のアメリカに幾ばくかの危惧を感じますね。 海の向こうの話と言えばそうなんですけどね。

もっと多くの人に観てほしいなあと思いました。
2008/07/02(Wed) 02:16 | URL | えみねこ | 【編集
ポール・ハギス監督。
こんばんは!!コメントありがとうございます。

観客は僕が鑑賞していたときは、まあまあ入っていましたよ。ただ僕自身も、今作のことをテレビで知って行ったくらいですから、あまり認知されてないのかなとも感じました。邦題がちょっと悪いような気もします。

ラストは重たいですが、そこに至るまで全く飽きさせなかったのは、さすがポール・ハギス監督だなと思います。真実を解明していくサスペンスと、ヒューマンドラマのパートが上手に融合されてなという印象です。


>このような心が不安定になってしまった若者たちが帰還した時に、周りはどのように受け入れてやれるのか

そうですね。極度のストレスを受けた人間が普通の社会に戻れるのか疑問に感じますね。
2008/07/02(Wed) 03:51 | URL | >えみねこさんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック