潜水服は蝶の夢を見る ★★★

潜水服は蝶の夢を見る [Blu-ray]潜水服は蝶の夢を見る [Blu-ray]
(2011/03/18)
マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ 他

映画の詳細を見る



 極限の孤島で人が想うこと


 「潜水服は蝶の夢を見る」を観ている途中で、どことなく「海を飛ぶ夢」を思い出した。全身麻痺(状態は違うが)ベットでの一画から見える視界が全て、という点が共通だったからだと思う。しかし扱うテーマが異なっていた。向こうが本人と周囲の視点から「尊厳死」について鋭く言及した内容に対し、今作はジャン=ドミニクの主観で展開され、現在自分が置かれている状況でなにができるのか、その精神力を描いた物語である。

 映画の冒頭からジャンが見渡せる視界のみに画面が限定されており、時折挿入シーンがあるものの、現在の彼の姿が分かるのは、上映開始から40分近く経った頃だ。他人とのコミュニケーション手段が瞬きだけ、"開くか"か"閉じる"のみでしか伝達手段がないこと、単語を想いを伝えることがどれほど大変なものかを鑑賞者も体感することになる。彼が「死を望む」と伝えたのは印象的だったが、そこから考えを変え本を出版する決意に至ったことは頭が下がる想いである。

 閉じ込め症候群(ロックトイン・シンドローム)という稀な病例を題材にしながらも、そこまで感傷的にならないのはヤヌス・カミンスキーが紡ぎだした映像美にあった。ジャンの頭の中で構築される空想のシーンは、ベットでの束縛を離れ優雅に世界を駆け回るイメージだ。それは壮大で極彩色にあふれ、無限の広がりと心の豊かさを表現している。


潜水服は蝶の夢を見る潜水服は蝶の夢を見る
(1998/03/05)
ジャン=ドミニック ボービー

本の詳細を見る



 またジョン自身の描き方が、人間味にあふれていたこともひとつはあるだろう。彼の視点・カメラワークが女性の胸元や太ももに集中することや、献身的にサポートする妻が目の前にいるのに、愛人との電話で気持ちを伝えるシーンなど、特異な状況下の人間を美化するのでない正直な演出は、ジョンとの心理的な距離を縮め鑑賞中のテンションを下げない。

 「想像力と記憶で僕は"潜水服"から抜け出せる」マチュー・アマルリックのナレーションだが、これが物語の全てである。たしかに彼は社会的に成功者で裕福な経済状態が、周りのサポートや本の出版に繋がったことには間違いない。しかし、このような究極の孤島のなかでの彼の思考や発想に学ぶことは多いだろう。

 誰にでも社会的な弊害や困難な状況が訪れ、自分のなかの潜水服に閉じ篭りそうにもなるが、そこから抜け出せる手段やその先の可能性は無限大に存在するのだ。そんな当たり前のことに改めて触れられ、鑑賞後は実に爽やかな気分になる。


■関連作品■
ミュンヘン ★★★
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 ★★★★
宇宙戦争 ★★★
スポンサーサイト

2 Comments

髭ダルマLOVE  

はじめまして。

はじめまして。
髭ダルマLOVEと申します。
私もつい先日この作品を鑑賞しました。
記事を読んですごく共感してしまい、思わず書き込みをしてしまいました。

他のレビューも拝読させていただきました^^
とても分かりやすいブログですね!
また遊びに来ます。
お邪魔しました。

2008/07/12 (Sat) 23:52 | REPLY |   

>髭ダルマLOVEさんへ  

ありがとうございます^^

こんばんは!!
コメントありがとうございます。
ブログのほうは出来る限り更新しますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

2008/07/13 (Sun) 01:12 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.