誰が電気自動車を殺したか?誰が電気自動車を殺したか?
(2008/08/20)
ドキュメンタリー映画

映画の詳細を見る



 ガソリンが高い。レギュラーを満タンまで給油すると、5000~6000円は簡単にいく状況である。最近ではエコドライブを心がけ、ゆっくりとアクセルを踏むも後ろの車から煽られたりと散々だ(笑)そんなガソリンや車に対する意識が強い今だからこそ「誰が電気自動車を殺したか?」というタイトルは非常に惹きつけられるものがあった。

 今作では1990年中頃からアメリカで販売されたGMの電気自動車、EV1にスポットをあて、なぜ環境に優しいとされる次世代の車が普及せずに、市場から衰退したのかを追っている。「誰が殺したか?」の問いに対し、今作の解答は消費者、自動車メーカー、石油会社、政府、大気資源局、水素燃料電池と様々な分野の相乗が、電気自動車を抹消したのだと解いていた。なんとも、まとまりに乏しく当たり前の解答である。

 ガソリン車に対する代替手段が見つかれば、既存の産業から圧力があるのは周知のことであり、上記のように多くの解答を見せるのではなく一つに絞って追求してほしかった。事実を追うという点でいえば優秀なドキュメンタリーだが、目新しい驚きもなく、作品から訴えかける熱のようなものも感じられなかった。


投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然
(2001/01)
ロバート・J. シラー

本の詳細を見る



 それなら「誰が電気自動車を~」ではなく「誰がガソリンを高くしているのか?」にして、機関投資家や投機マネーに迫ったドキュメンタリーのほうが時流に即し、面白そうである。2009年にはドバイに約818mという超高層ビル、ブルジュ・ドバイが竣工予定だ。驚愕の高さの建造物は人類の英知の結集として、熱狂と興奮を運びそうだが、原油高によって影響をうけた世界中の労働者の悲鳴も聞こえてきそうである。中東バブル、ドバイの発展は砂上の楼閣なのか今後も注視しなければならない。

 それにしてもガソリンが高い。リッター180円はコーラの約2倍の値段である。ガソリンの代替燃料としてコーラがエネルギー源となる車が誕生しないだろうか。コーラで車が走り、喉が渇いたら人間も飲める、街にはコーラステーションが建設され…個人的にコーラが好きなので(笑)それはそれは夢のような世界だ。


■関連作品■
シッコ ★★★★
不都合な真実 ★★★
エンロン/巨大企業はいかにして崩壊したのか? ★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック