バンテージ・ポイント ★★

バンテージ・ポイント コレクターズ・エディションバンテージ・ポイント コレクターズ・エディション
(2008/08/20)
デニス・クエイドマシュー・フォックス

映画の詳細を見る



 米大統領への狙撃事件が発生。その出来事を複数の登場人物の視点から繰り返し描き、真相に迫っていく構成が「バンテージ・ポイント」の特徴だ。時間軸が戻り、再びその事象が展開される映画といえば「ラン・ローラ・ラン」や「恋はデ・ジャヴ」などの作品を思い浮かべる。その2作品は主人公の主観で描かれ、過去のスタート地点に遡ることで徐々に展開を変化させたのに対し、今作は何度も同じ出来事で且つ同じ結末を迎えるせいか、鑑賞時間が増す度にストレスも溜まっていくものだった。




*****以下、ネタばれ注意*****




 本作の構成に爽快感がないのは、狙撃事件を別の角度から捉えることによって生まれるはずの新たな発見や、伏線がほとんどないところにある。例えばAというキャラクターが行った、ちょっとした言動のせいでBの計画が狂う、そのささいな動きや「なるほど」と思わせる素振りがほとんどなく、キャラクター間の相関関係が薄い。自動車事故やカメラ撮影など、トリックは存在するもののどれも想像の範囲内であり、とりわけ驚くこともなかった。

 最終的には時間を戻すルールも無くなり、その後の出来事を描くため6回も繰り返した前半の時間はなんだったのかと落胆してしまう。1度目ならまだ鑑賞できるが、2度目に観るとなるとしんどい作業になりそうである。

 デニス・クエイド、フォレスト・ウィッテカー、ウィリアム・ハートなど渋い俳優陣と最後のカーチェイスはなかなか見応えのあるものだった。B級のサスペンスと割り切ると楽しめる映画。


■関連作品■
インクレディブル・ハルク ★★★
デイ・アフター・トゥモロー ★★
パニック・ルーム ★★
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.