デトロイト・メタル・シティ スペシャル・エディション [DVD]デトロイト・メタル・シティ スペシャル・エディション [DVD]
(2009/02/13)
松山ケンイチ加藤ローサ

映画の詳細を見る



 役者冥利に尽きる 根岸崇一とヨハネ・クラウザーII世の2面性


 松山ケンイチは役柄のイメージが固定しないよう、どんな役でも演じることから"カメレオン俳優"と呼ばれている。そして「デトロイト・メタル・シティ」ほど彼のカメレオンぶりが活かされるストーリーも他にないだろう。

 ポップミュージックを好み田舎から上京した根岸崇一と、メタルバンドのボーカル&ギターとして激しいライブパフォーマンスを見せるヨハネ・クラウザーII世の2面性。素朴と過激、その往復と落差こそが今作の最大の魅力であり、松山ケンイチはその旨味を存分に見せつけていた。1つの作品で2人分演じるということは彼自身も役者冥利に尽きるだろう。

 また松山ケンイチ以外の俳優陣も相当にはまり役だった。デスレコーズの極悪社長を松雪泰子、DMC熱狂的信者を大倉孝二、主人公の母親を宮崎美子が好演し、作品の色と見事に同化していた。少ない登場機会だったが、ドラムでおたくの秋山竜次がそれほど目立ってないことが逆に面白い。やる気の無い様子や無表情でドラムを叩くシーンが可笑しかった。




*****以下、ネタばれ注意*****




 冒頭からテンポよく様々なエピソードが連なり、ほどよく見せ場が配置されていて飽きない。タバコを投げつける仕草や誤って首を吊ってしまうクラウザーII世など爆笑シーンが多く、個人的にはキャラクターショーのシークエンスがツボだった。コメディ映画は笑いが続き過ぎると間延びするが、ポップやメタル音楽が挿入されているせいか、テンションが持続されるのも心地良い。最近、アメリカの映画で試された演出だが、劇中でカラオケのテロップが入るバージョンが公開されても面白そうだ。デスメタルで映画館が一体になるのも一興ではないだろうか。

 主人公、根岸崇一の実家が大分県の犬飼町という設定に驚く。大分出身の自分でも犬飼町には行ったことがなかったのだが、ほのぼのとした風景にノスタルジーを感じてしまった。田舎からわずか数シーンでライブ会場に画面が切り替わる。その瞬時のギアチェンジこそがDMCの快感の源泉なのだ。



■関連作品■
人のセックスを笑うな ★★
デスノート/前編 ★★★
デスノート/the Last name ★★
フラガール ★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
見てきました!
いや~笑いました
映画館でこんなに笑ったのは久しぶりです^^

原作をいい感じに脚色できててよかったです。
こういうのを良い脚本というんですね。
原作とは違った味のある、良い映画です。

個人的に本作の最大の目玉であるはずの音楽がだめだと思いました。
そこまでデスメタルのことは詳しいわけじゃないんですけど、
「恨みはらさでおくべきか」
の時にエレクトーンが使われていたことにがっかりです。
「SATUGAI」も映画が公開される前からYOUTUB等にファンが作ったものが合ったのですが、
そちらのほうがクォリティが高かったと思います。
まぁ、この手の映画にそんなことを言っても無駄でしょうけど(´・ω・`)
2008/09/06(Sat) 23:10 | URL | taiyaki | 【編集
Go to DMC☆
コメントありがとうございます!!
最近はアクションやドラマばかりを劇場で観ていたので、今作のようなコメディも良いですね。館内も笑いが絶えない状態でした。

原作は未見なのですが、恐らくは一定のクオリティを保っていたと思います。

>個人的に本作の最大の目玉であるはずの音楽がだめだと思いました。

なかなか辛口ですね(汗)僕は音楽に疎いのでなんとなく楽しめたのですが…ファンがつくった曲も聴いてみたいですね。
2008/09/07(Sun) 00:51 | URL | >taiyakiさんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
ようやく時間が出来たので、デトロイトメタルシティを見てきたぜ、ファ~ック!! ついでに、パルコでやってたDMC展も見てきたので、そっちの情報は別の記事に書くので、よろしくDMC!! 映画は、賛否両論あるようです。あちこちのブログを拝見したが面白くなかった、...
2008/09/01(Mon) 03:11:32 |  なかのひと~ぬこの人