ゴッドファーザー PARTⅠ<デジタル・リストア版> [Blu-ray]ゴッドファーザー PARTⅠ<デジタル・リストア版> [Blu-ray]
(2010/09/16)
マーロン・ブランド、アル・パチーノ 他

映画の詳細を見る



裏社会で描かれる普遍の人間像


 「ゴッドファーザー」が長年愛され続けている理由はマフィアの世界を題材としながらも、普遍の人間像を描いているところにある。裏世界が物語となるなかで、実にリアルな人々が行き交い、その間で発生する人間模様が自分自身の状況や、周りの社会・環境と合致するのだ。ある人は登場人物の誰かに自分を見い出し、組織を職場や社会に重ね、ファミリーを家族や友人に置き換えて、コルレオーネ家の行方をじっくりと堪能する。

 勿論、そのような刷り込みが発生するのは人物描写がきめ細かく、数多く登場するキャラクターの性格がその後の行動にぴたりと当てはまり、さらにその言動が然るべき結果を引き起こすところにある。実社会では当たり前の因果・結果なのだが、これほど複雑な相関関係を映画のプロットで表現することは実に困難なことだ。「ゴッドファーザー」では、そのことが、美術・音楽・編集・俳優…と全ての要素で完璧に交わっており、魅力に溢れたキャラクター達から何かを汲み取ろうとする意欲が何度も鑑賞する要因となっているのだ。




*****以下、ネタばれ注意*****




 「I believe in America」世界一有名なオープニングから始まり、ドン・コルネオーネ襲撃、マイケルの結婚、ソニー殺害、アポロニアの死、5大ファミリー殺害(バルジーニ、タッタリア、モー・グリーン、ストラキ、クネオ)と怒涛のごとく見せ場が押し寄せる。そのなかでも特に印象に残ったのはレストランでの、ソロッツオとマクラスキー殺害シーンだ。マイケルがマフィアの世界へと一線を越える重要な場面だが、普段は冷静な彼が見せる動揺と眼の動き、高架列車の車輪のきしむ音が最大限の緊張感を与えている。物語の冒頭とラストでは、眼つきやしぐさががらりと変わるマイケル。アル・パチーノの演技は見事であり、何故アカデミー賞を受賞できなかったのか未だに疑問に思うほどだ。

 「ゴッドファーザー」が175分、「ゴッドファーザーPART2」が200分。併せて6時間近くあるが時間の代償を全く感じさせず、むしろこの作品から学ぶべきことは多い。全ての要素を完璧に仕上げた「ゴッドファーザー」は、正に不朽の名作といえる。


■関連作品■
ゴッドファーザー Part2 ☆Great Movie☆
ゴッドファーザー Part3 ★★★
ヒート ★★★★
オーシャンズ13 ★★★
88ミニッツ ★
ラッキー・ユー ★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック