マイ・ブルーベリー・ナイツ 【Blu-ray Disc】マイ・ブルーベリー・ナイツ 【Blu-ray Disc】
(2008/09/12)
ノラ・ジョーンズジュード・ロウ

映画の詳細を見る



 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」はポスターやパッケージがお洒落である。ジュード・ロウとノラ・ジョーンズのそれぞれの顔が、反転した状態でキスをしているものだが劇中でも同じシーンが用意されていた。残念なのは、アイスのバニラを唇に残したままカウンターで眠っているノラ・ジョーンズがそこまでセクシーではないということだ。それ以前に、"唇にバニラをつけて居眠りをする女性"というシチュエーションが現実にあまりない気もする。静止状態なら画になった構図だが、ラストシーンで動きをつけて観せられると興醒めしてしまったのだ。




*****以下、ネタばれ注意*****




 今作がユニークなのは主役のジェレミーとエリザベスの2人のストーリーだけではなく、エリザベスがニューヨークから離れ、各地を旅するロードムービーの要素が存在することだ。しかもそのエピソードの間は主役の2人よりも、現地の人物にスポットを当てているため、つい本筋を忘れてしまいそうになる。


マイ・ブルーベリー・ナイツ プレミアムBOX【5,000セット限定生産】マイ・ブルーベリー・ナイツ プレミアムBOX【5,000セット限定生産】
(2008/09/12)
ノラ・ジョーンズジュード・ロウ

映画の詳細を見る



 エリザベスは2つの土地で出会った人と、それぞれの喪失を見届けることで自分自身を省みて再びニューヨークに戻る決意を固める。車の購入代金を貯めるためにダイナーのウェイトレスで働くという、典型的なアメリカ女性人像がなんともキュートに思えた。それぞれの役者に均等に見せ場があるため、その個性を眺めるのも楽しい。

 物語の途中で色が暗転したり、スローモーションで街並みの映像が挿入される演出は、ウォン・カーウァイ監督お得意の技法である。淡白なストーリーではあるものの、時間が経つにつれて「実は良い作品なのでは…」と振り返ることが今作は多かった。ブルーベリーパイにバニラアイスがじわじわと溶け込んでいく、その交わる過程が自分の心模様と重なって見えた。


■関連作品■
こわれゆく世界の中で ★★★
ホリデイ ★★★
ファウンテン/永遠につづく愛 ★
ニューオーリンズ・トライアル ★★★
アバウト・ア・ボーイ ★★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック