ラスト、コーション (Blu-ray Disc)ラスト、コーション (Blu-ray Disc)
(2008/09/26)
トニー・レオンタン・ウェイ

映画の詳細を見る



 「ブロークバック・マウンテン」でアカデミー監督賞を受賞したアン・リー監督の最新作。前作に引き続き禁断の愛を描き、激しいベットシーンで中国ではその一部のシーンがカットされるなど公開前から話題が絶えなかった。日本版はR-18指定となったが若干のぼかしはあるものの、濃厚な描写はそのままとなっている。




*****以下、ネタばれ注意*****




 158分という長い上映時間。大作の香りが漂うが物語はいたってシンプルなものだった。作品の構成は抗日の流れに感化された学生時代と、国民党抗日組織に属しながら活動を行った、2つの時代に分けることができる。理想に溢れ活き活きと動き回る前半と、様々な事情を鑑み気持ちに迷いが生じる後半のトーンの違いが印象的である。中国本土で育った普通の女性と、上流階級の婦人に扮する2人の人格を使い分けるタン・ウェイが「ラスト、コーション」の見所のひとつだ。マイ夫人として工作活動を行うも、どこかにあどけなさが残る素振りが彼女独特の魅力ではないだろうか。


ラスト、コーション スペシャルコレクターズエディションラスト、コーション スペシャルコレクターズエディション
(2008/09/16)
トニー・レオンタン・ウェイ

映画の詳細を見る



 最近、似たようなニュースが現実でもあったが、色仕掛けで男性に近付いた場合、任務の粋を超えて気持ちが入ってしまうのも分かる気がする。特に今作で言うなら激しい情事を重ねるうちにワン・チアチーという人格がマイ夫人に移っていったこと、また愛の無かったセックスが徐々に互いを認め合う形になったことで心が移行したのだろう。トニー・レオンの苦悩と孤独を吐露しはじめるタイミングも見事だ。

 余談だがタン・ウェイの正体に気付き急いで車に乗るシーン、あまりに見事な飛び込みようでその動作が面白かった。サザエさんのエンディングで磯野家が家に吸い込まれる画を連想させるほど、スムーズすぎる乗り込みである。


■関連作品■
ブロークバック・マウンテン ★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック