ホステル [Blu-ray]ホステル [Blu-ray]
(2010/05/26)
ジェイ・ヘルナンデス、三池崇史 他

映画の詳細を見る



 全米公開時、劇場で嘔吐や失神してしまう観客が続出。日本でも1人目の拷問シーンが終わった時点で気分が悪くなり、途中退場する観客には入場料を全額返還するキャンペーンを行うなど話題性は充分だった。R-18指定、そんなにやばいのかと不安を覚え劇場では出口に近い座席でいざ鑑賞(笑)

 メディアで煽っているほど残酷なシーンは怖くはない。ましてや嘔吐や失神レベルにまでは達さず、その辺りでは「ソドムの市」超えはないなと思った。ただのスプラッターホラーではなくB級なりにエンターテイメントとして仕上げているのは製作にタランティーノが絡んでいるからだろう。様々な箇所で張り巡らされた複線をすべて処理し、後半では何故か爽快感に満ちるという妙なテンションに。

 前半では若いアメリカ人旅行者が女性を金で買い遊びまくり、後半ではアンダーグランドな組織に捕まり逆に体を売られるという天国から地獄へ突き落とされる展開、お金が全てという資本主義の構図も見え隠れしていて面白い。拷問を行う組織・動機・犯人等すべて語ってしまうため、謎に満ちた危険さやスリルがないのは残念。ヒットのせいで続編の製作が決まっているが全てを明かした今作の舞台設定をどのように広げるのか注目したい。


■関連作品■
ホステル2 ★★
デス・プルーフ in グラインドハウス ★★★
キル・ビル Vol.1 ★★★★
キル・ビル Vol.2 ★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック