ブラインドネス [Blu-ray]ブラインドネス [Blu-ray]
(2009/04/03)
木村佳乃ガエル・ガルシア・ベルナル

映画の詳細を見る



 「ブラインドネス」を劇場で観ていたら、途中で退席した人が何人かいた。そしてエンドロールを迎えた瞬間には、多くの人が席から立ち上がり、一目散に出口に向かって列を作っていた。その場のほとんどの人が「こんなはずではなかった」と思っていたに違いない。それも分かる気がする。




*****以下、ネタばれ注意*****




 本作の予告を観ると、世界中の人々の目が見えなくなり、ジュリアン・ムーアだけ1人だけが目が見える。その原因を究明することや、人々を救済する方法を彼女が見つけていく、ということを連想させる内容だった。しかし実際は、目が見えなくなった原因も分からず、彼女1人だけが感染しなかった理由も不明。スケールの大きな話と思いきや、物語のほとんどは隔離施設での出来事。彼女が全人類に影響を及ぼすのではなく、特定のグループに影響を与えたにすぎない。劇場を足早に横切りながら壁にあったポスターの"全世界、失明"というキャッチコピーが"全世界、失望"に見えた。

 前述のようにヒーローを誕生させる映画、「アイア・ム・レジェンド」のような脚色にならなかったのは、原作の「白の闇」に細心の敬意をはらったことと、今作にハリウッド資本が介入していなかったからだろうか。多国籍、性別や年齢を分散させた設定もブラジル・カナダ・日本合作らしい特色である。都市機能が麻痺している景観のシーンは圧巻であり、この辺りはハリウッド映画に負けていないなと感心した。


ブラインドネス スペシャル・エディション(初回限定生産2枚組) [DVD]ブラインドネス スペシャル・エディション(初回限定生産2枚組) [DVD]
(2009/04/03)
ジュリアン・ムーアマーク・ラファロ

映画の詳細を見る



 「ブラインドネス」が描きたかったのは、人間の本性、組織・システム・ヒエラルキー、秩序の崩壊などである。人間ドラマに重きを置いたのは良いのだが、ラストを迎えても感情に訴えるものがあまりない。おそらくは、ジュリアン・ムーアの行動や考えが理解し難いものであったせいではないだろうか。唯一目が見える人物、且つ、メンタルが強いように映った彼女が、ガエル・ガルシア・ベルナルの脅威に立ち向かうタイミングが遅いように感じられるのだ。

 「シティ・オブ・ゴッド」ではエンターテイメントと人間ドラマを上手に融合していたフェルナンド・メイレレス監督だけに、今作の出来はいささか残念である。


■関連作品■
トゥモロー・ワールド ★★★
シティ・オブ・ゴッド ★★★★
NEXT -ネクスト- ★★
バベル ★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
おはようございます。まさきさん、お久しぶりです。私のブログへ訪問いただいて、ありがとうございましたm(_ _)m
まさきさんのレビューは相変わらず、深いですね。。
私もふと劇場で鑑賞していた時に、そんな違和感が頭に過ぎったな。。と思っていた事をこちらの記事で全部書いて下さっているようです^^
私も全世界にこの問題が波及して、どうのこうの・・という内容になるのかなと思っていましたし、何かこじんまりとした世界だけで終わってしまっているのに、物足りなさも感じました。
期待はずれ。。そんな思いも否めませんね。。

それでは、久しぶりにこちらにコメントさせていただき、ありがとうございました^^

また、覗かせていただきますね!
まさきさんも宜しかったら、また、お越しください^^
では、では♪
2008/12/02(Tue) 08:29 | URL | ぴーち | 【編集
コメントありがとうございます。
「ブラインドネス」はパニック映画よりも、人間ドラマ重視でしたね。陰惨な場面があってなかなか辛かったです。

ぴーちさんのブログも更新頻度が高く、人気がありますね^^
また、訪問したいと思います!!
2008/12/02(Tue) 09:40 | URL | > ぴーちさんへ | 【編集
こんばんは!
早速お返事いただき、恐縮です。
私の所は確かに更新頻度ばかり高いですが
内容はまさきさんの足元にも及びませんよ(^^A
それでも、そう仰っていただき、感謝します^^
宜しかったら、またお越しください^^
では、では♪
2008/12/06(Sat) 21:51 | URL | ぴーち | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック