SUPERMARKET FANTASY [通常盤]SUPERMARKET FANTASY [通常盤]
(2008/12/10)
Mr.Children

CDの詳細を見る



 「SUPERMARKET FANTASY」のジャケットを初めて見たときに、本当にミスチルのアルバムだろうか??一瞬、疑ってしまった。ピンクをベースにした色調と前面でキスを交わすカップル、それまでのジャケットとかけ離れてあまりにカラフルだったからだ。

 そのジャケットの世界観を表現しているのが今回のアルバムのリード曲でもある「エソラ」。そのPVではスーパーマーケットの棚に陳列された鮮やかな商品パッケージが、虹のように重なり極彩色の帯を創りだしている。この極彩色が横に連なるイメージ、どこかで見たことがある…と5日間くらい考え込んで、6日目にようやく思い出した。映画「パンチドランク・ラブ」だ。

 映画のなかではこの虹の帯を、恋愛におちた瞬間の脳内に流れるといわれる、β-エンドルフィンやフェニルエチルアミンを表しているかのような使い方をしていた。「パンチドランク・ラブ」のジャケットも男女の立ち位置が逆としても主演の2人がキスをしているもの。「SUPERMARKET FANTASY」で女性が浮いている様子も、エミリー・ワトソンがハイヒールの片足を少し上げた仕草に見えなくもない。そういえば「パンチドランク・ラブ」はプリンを買ってマイレージを貯める男の話。プリンを買い漁るシーンでスーパーマーケットを物色しているアダム・サンドラーの姿を思い出した。


パンチドランク・ラブ DTSエディション [DVD]パンチドランク・ラブ DTSエディション [DVD]
(2005/07/06)
アダム・サンドラーエミリー・ワトソン

映画の詳細を見る



 この一致に気付いたことが妙に嬉しくなり、「パンチドランク・ラブ」のエンドロールに「エソラ」が流れたどうだろうか??などと想像を膨らませたり...そのようなカラフルなイメージの強い「SUPERMARKET FANTASY」気に入ったフレーズ、歌詞を抜粋してみました。



評論家の指摘なんか気になんないくらい
インパクトこそないけど良い映画だったなぁ
ちょっぴり泣いてたろう? 気が付いてたんだよ
僕にしたって そうよ


さぁ 油断して渡ろう 慢心して進もう
文明の恩恵の上を


蒼白き瞳の焔で
その危なっかしい足元を照らし出せ
道は続いてる
そう続いてくんだ


                01. 終末のコンフィデンスソング



君はどんな顔して聞いてたの?
甘く切なく胸を焦がす響き


メロディーラインが放ったカラフルな魔法のフレーズ


忘れない為に
記憶から消す為に



                03. エソラ



人それぞれの価値観 幸せ 生き方がある
「他人の気持ちになって考えろ」 と言われてはきたけど
想像を超えて 心は理解しがたいもの


僕らは許し合う力も持って産まれてるよ
ひとまず そういうことにしておこう
それが人間の良いとこ



                07. 口がすべって



「さよなら」を選んだ君はおそらく正しい


想い出の中に心を浸して


                08. 水上バス



人恋しさをメロディーにした
口笛を風が運んでいったら


                14. 花の匂い




Mr.Children “HOME” TOUR 2007~in the field~Mr.Children “HOME” TOUR 2007~in the field~
(2008/08/06)
Mr.Children

DVDの詳細を見る



 「終末のコンフィデンスソング」が良すぎて、アルバムを買った帰り道はずっとトラック1をリピート。こんなタイアップだらけのアルバムの1番目の曲に、変化球を投げ込むMr.Childrenがやっぱり好きだなと実感した。「シフクノオト」の「言わせてみてぇもんだ」のポジションに似ている気がする。大多数が「PADDLE」が良いと言っていた時にひっそりと「言わせてみてぇもんだ」を聴き込んでいた自分。今回も「エソラ」や「少年」が良い、というなかでも「終末のコンフィデンスソング」を臆せずに推していきたい(笑)丁寧過ぎない、熱いメロディーと熱い歌詞に誘われて、何度でも「終末のコンフィデンスソング」をリピートしてしまう。「終末のコンフィデンスソング」があんまり…という人は、「そう続いてくんだ」の箇所を注意して聴くと好きになるかも??桜井さんの声がキュートすぎる(笑)

 「SUPERMARKET FANTASY」の収録曲を中心とした「Mr.Children Tour 2009 ~終末のコンフィデンスソングス~」のセットリストも気になるところ。「one two three」は今回の雰囲気に合いそうだが、「SUNRISE」はスルーかな??いつかツアーで「SUNRISE」は歌ってほしい。「花の匂い」に絡めて「シーラカンス」「ゆりかごのある丘から」「深海」を入れると独特の流れになるが、さすがにそれはなさそうだ。Mr.Childrenの2009年の活動と併せて、どのようなツアーになるのか大いに期待したい。


01.終末のコンフィデンスソング
02.HANABI
03.エソラ
04.声
05.少年
06.旅立ちの唄
07.口がすべって
08.水上バス
09.東京
10.ロックンロール
11.羊、吠える
12.風と星とメビウスの輪
13.GIFT
14.花の匂い


■関連■
HANABI / Mr.Children
GIFT / Mr.Children
旅立ちの唄 / Mr.Children
HOME / Mr.Children


Mr.Children/Split The Difference [DVD]Mr.Children/Split The Difference [DVD]
(2010/11/10)
Mr.Children

DVDの詳細を見る
スポンサーサイト
テーマ:Mr.Children
ジャンル:音楽
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック