その土曜日、7時58分 [Blu-ray]その土曜日、7時58分 [Blu-ray]
(2009/07/03)
フィリップ・シーモア・ホフマンイーサン・ホーク

映画の詳細を見る



シドニー・ルメット監督の遺作


 フィリップ・シーモア・ホフマンとマリサ・トメイの激しいベットシーン。予期せぬ幕開けに驚いてしまった。他の作品では見かけなかった2人の裸にドキドキしつつ、いつの間にか物語の世界へと呑み込まれていった感じだ。

 「その土曜日、7時58分」のストーリーは一本調子なのだが、時間軸と視点を入れ替えることにより人物の因果関係と、事件の前後の様子が徐々に明らかになっていく構成である。強盗事件のその瞬間が土曜日の7時58分であり、その1点を中心に少しずつ周りが見えはじめ、そしてある一家が転落していく。「ファーゴ」の雪だるま式に事態が悪化していく様子と、「ジャッキー・ブラウン」のように視点変化させての展開が今作の特徴だ。




*****以下、ネタばれ注意*****



 
 フィリップ・シーモア・ホフマンとイーサン・ホークが兄弟として出演。どう見ても似てない兄弟だが、その辺りの違いも物語に絡めており、巧い脚本に絶妙なキャスティングをしてきたなと舌を巻いてしまう。今作で存在感を放っていたのは、やはりフィリップ・シーモア・ホフマンだ。彼の低音のセクシーな声、そして「パンチドランク・ラブ」以来の「shut up!!」連呼が嬉しかった。後半で枕越しに銃を発砲する際、一瞬だけ間を空けたさり気なさも好きである。

 また弟役のイーサン・ホークも情けない役どころではあったが、最後に兄に向かって「早く撃てよ」と柔らかい表情で語るなど、要所で見せ場があり、こちらも好感が持てた。そのような芸達者な2人であれば、兄と弟の役を仮に入れ替たとしても、物語として充分に成立していたと思う。

 今作を観終えてひとつだけ疑問が残った。それは冒頭のベットシーンが時間軸で、どこに当てはまるのかということである。それ以外のシーンには、強盗○日前○日後と字幕が挿入されていたのに、その場面にはない。うる覚えだが「(やっぱり)リオは違う」というニュアンスの台詞があったので2人は、リオに高飛びしたのだと思っていた。しかしアンディは父親に殺されたため高飛びは成功していない…そこで2つの可能性を考えた。

 ひとつは強盗を決行する前の時間であり、お金の目途が立ちリオ行きを決めたことで、夫婦の仲が戻りかけたベットシーンだったという見方。ふたつめは、○日前という字幕がないことから、あのシーンはアンディの夢だという見方。強盗失敗後、アンディが自分の部屋を荒らした後に少し眠るシーンがあったが、そこで見た夢ならば起きた直後に荷造りを始めた説明もつく。

 冒頭のシーンをもう一度観ると、部屋の間取や雰囲気ではっきりと答えが解りそうだが2回観に行く余力がない。マリサ・トメイの裸に気をとられてしまった自分をちょっと反省してみたり…。


■関連作品■
恋人までの距離/ビフォア・サンライズ ★★★★★
ビフォア・サンセット ★★★★★
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー ★★
Mi : 3 ★★★
パンチドランク・ラブ ★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
はじめまして。
この映画、
ストーリーももちろんですが
俳優陣たちの演技に完全に呑まれました。
それだけで物凄く満足な作品でした。

そういえば
>冒頭のベットシーンが時間軸で、
 どこに当てはまるのか
思い返すと私も少し迷います…。
別にフィリップの裸姿に見とれてたわけではないんですが…(笑;)
2009/03/15(Sun) 21:31 | URL | なるは | 【編集
早くレンタルを!!
こんばんは。コメントありがとうございます!!

なるはさんのおっしゃる通り、俳優陣の演技が映画の質を支えていますよね。見応えがありました。

冒頭の時間軸は未だに気になっています(笑)レンタルが開始されたらすぐに確認してみようと思っています^^
2009/03/15(Sun) 21:53 | URL | >なるはさんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック