クローサー ★★

クローサー [DVD]クローサー [DVD]
(2009/08/05)
ジュリア・ロバーツジュード・ロウ

映画の詳細を見る



 鑑賞中、なんの前触れもなく画面が切り替わり、いきなりストーリーが字幕もなしに何年間も飛ぶ。ハリウッドの恋愛映画にありがちな、告白シーンや恋へと進展する過程をバッサリと切り落とし、主に男女4人の間で交錯する嘘や別れ際を描いた少しビターなラブロマンスだ。

 画面が切り替わり話しが飛ぶのは「クローサー」が元は戯曲用に作られた脚本だったことに起因しており、最初は戸惑うものの一度その構成になれると、人物がその時間をどのように過ごしたのか想像できるので意外と面白いことに気付く。そのような演出は好きだが問題は内容である。演劇用のせいか登場人物の感情の起伏が激しく、ロマンスもこの上ない古典的なものに思えた。

 出演している4人がとにかく利己的であり、なかでも男性2人はそれが顕著に表れている。女性とくっついたり離れたりと忙しく、いい年齢の大人が他の男と関係をもっただろうと執拗に捲し立てたり、台詞回しも臭く気恥ずかしくなるものもある。幼稚にも滑稽にも思えるがラスト付近には、キャラクターを一変させるような演出もあり、人物像を思慮するためにもう一度観直してもいいかなという気持ちになった。

 ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、クライヴ・オーウェンと豪華スター共演で、その演技合戦を観たいがために最後まで物語を引っぱれた部分もある。職業もバラバラ、性格も不一致であり、それぞれに特徴的だったのだが印象に残ったのはクライヴ・オーウェンが演じた医師の役。ジュード・ロウとのエロチャットのシーンや、ストリップバーでのナタリー・ポートマンとのやりとりなど存分に味が出ており、渋い顔から想像もつかない新たな一面が観れた。


■関連作品■
トゥモロー・ワールド ★★★
レオン ★★★
こわれゆく世界の中で ★★★
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.