アバター ★★★

アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]
(2010/04/23)
サム・ワーシントンゾーイ・サルダナ

映画の詳細を見る
>


 SF映画の先駆けである「スター・ウォーズ」やCG技術を広く認知させた「ジュラシック・パーク」のように、またひとつ映画史に名を残す作品が生まれた。3D映画の起点、興行収入記録の更新。それが「アバター」である。

 本作で初めて3D映画を体験したが、立体に見える感覚より、細部まで精巧に描かれた惑星パンドラ、ナヴィの動きや質感にまずは驚く。3D映画とのイメージが強いが2Dで鑑賞したほうがより鮮やかなコントラストで作品に没頭できるだろう。惑星の木々のひとつから生態系まで、0の状態からよくここまで練り込んだなと、ジェームズ・キャメロン監督の尋常ではないこだわりように感服してしまう。テレビ放送などである「世界遺産」のように、パンドラの自然を追ったドキュメンタリーでも出来そうな勢いだ。

 本作がヒットした要因はそのような映像の説得力、そして物語の普遍性にあるのではと思う。それまで歴代興行収入1位だった「タイタニック」は身分の違いを越えての恋愛とその後の悲劇。「アバター」は種を越えての恋愛、自然との調和であり、筋書きとしては極めて王道・ベタなものだ。地球人の侵略やスティーブン・ラングが演じたクオリッチ大佐に代表されるように、そこには徹底した勧善懲悪の図式が埋め込まれていた。軸をぶらさない物語の分かりやすさ、キャラクターの感情変化の掴み易さ、観客の求める欲求に裏切らず、そのまま応える巧みな内容である。

 「アバター」で創りだされたCGデータの情報量はペタバイト(1000テラバイト)を超えるそうだ。この資産を無駄にしないためにも、キャメロン監督は続編も構想に入れている。「エイリアン2」「ターミネーター2」にようにシリーズものを全作以上のクオリティーで製作したキャメロン監督なら期待して良さそうだ。


■関連作品■
パブリック・エネミーズ ★★★

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.