ナイロビの蜂 [DVD]ナイロビの蜂 [DVD]
(2006/11/10)
レイフ・ファインズレイチェル・ワイズ

映画の詳細を見る



 「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督作品。その独特のリズムと斬新な映像は本作でも随所にらしさは見られた。アフリカの延々と続くスラム街のシーンはシティ・オブ・ゴッドのブラジル貧困街を思い出させ、人々が密集し呼吸するさまをパワフルに描いている。

 しかし脚本のほうは、妻の謎の死を追う夫のサスペンス、夫婦愛、アフリカの現状、国家と製薬会社の陰謀と詰込み過ぎの印象をうけ、全てを扱うが故に統一感を得にくい。テッサが命がけで書いて送ったレポートも何故そこまで情熱を注いでいたのか、また夫への愛情等、本作でアカデミー賞を受賞したレイチェル・ワイズだが、テッサという人物像には少し疑問が残るし完全には共感出来ない部分もある。ただレイフ・ファインズが妻の死の原因を追ううちにテッサへの愛を知り、最後はそのテッサのもとに還っていくラストは素晴らしく、とりわけ「イングリッシュ・ペイシェント」を思い出させた。


■関連作品■
シティ・オブ・ゴッド ★★★★
愛を読むひと ★★★
ファウンテン/永遠につづく愛 ★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック