ユナイテッド93 ★★★

ユナイテッド93 [DVD]ユナイテッド93 [DVD]
(2006/11/30)
コリー・ジョンソンタラ・ヒューゴ

映画の詳細を見る



 2001年9月11日。同時多発テロ発生時、ハイジャックされた旅客機4機のうち1機だけ標的を外した飛行機があった。それこそ本作のタイトルでもある「ユナイテッド93便」だった。乗客が決死の思いでハイジャック犯に抵抗し標的を外すも墜落、全員が死亡という結果を観客が分かっているなかで、どのように作品として見せるのか??演出としては手持ちカメラを使ったドキュメンタリー調。始まりは何気ない、いつもと変わらない朝を向かえる。飛行機が離陸するまで映画の序盤はいたって平凡に描き、その平凡から徐々にパニックに陥っていく様子を飛行機内、管制センター、軍の基地に分け克明にリアルに描いていた。

 貿易センタービル炎上や旅客機墜落等センセーショナルな画も撮れたはずだが、広角・俯瞰的な視点を用いずにあくまで機内だけを撮り続けているため、臨場感や緊張感が最後まで途切れることはなかった。ラストは勿論、墜落という予想通りの運びだが個人的に印象に残ったのは、ハイジャック犯がコックピットを乗っ取った後に神に祈っていたこと、そして墜落の恐怖に怯える乗客も神に祈っていたこと。それぞれの宗教観はよく分からないが、何か釈然としない矛盾感、人間の弱さのようなものを感じた。何を信じて神に祈りを捧げていたのか、何から守られたいのか、その後の墜落という出来事、世界情勢を加えて大きな脱力感を覚える。


■関連作品■
◇ハート・ロッカー ★★★
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.