ハイテンション アンレイテッド・エディション [DVD]ハイテンション アンレイテッド・エディション [DVD]
(2007/01/12)
セシル・ドゥ・フランスマイウェン

映画の詳細を見る



 話題作!! ヨーロッパ発のホラー映画


 今作が他のホラー映画より秀でている部分は語り口や演出、伏線張りの巧さだ。殺人鬼に追い込まれていく様や駆引きを最高の緊張感で見せている。ホラー映画お約束シーンがあったり、それを見透かしてわざと外したりと、監督はなかなかのやり手だ。

 突然鏡に人の顔が映ったり、バスタブがでたり、トイレに隠れて殺人鬼が端から1つずつ開けていって確認したり、クローゼットに隠れその隙間から惨殺シーンを目撃したりとベタなシーンが多いが面白い。極めつけは電動ノコギリの出現!!ホラースプラッター系にはチェンソー・電ノコが必須アイテムだが終盤になって、お約束アイテムの登場にテンションが上がる。それにしても何故、電ノコなのか。被害者をより残酷に弄り殺すという意図だろうけど、重いし、隙も多いし、なにより自分が危ない(ホステルではそのせいで自爆)今回は遠目からのショットもあったが冷静に見ると、意外と間抜けである。

 これくらいベタならここまで話題にはならなかっただろう、そう今作ではアッと驚くどんでん返しが用意されている。なにも考えずに観ていたのでまさかの展開にぽかんとしてしまった。そういえば序盤のほうで意味無さ気な自慰行為や女性の裸を観るシーンがあったなと思い出す...それにしてもちょっと反則気味な無理のある種明かし、けど面白いので良しとしよう。
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック