カポーティ コレクターズ・エディション [DVD]カポーティ コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/12/23)
クリフトン・コリンズJr.キャサリン・キーナー

映画の詳細を見る



 「ティファニーで朝食を」「遠い声,遠い部屋」などの傑作小説を生み出したトルーマン・カポーティ。その彼が史上初となるノンフィクション小説「冷血」を仕上げるまでの執筆過程や苦悩を描いたのが本作品。実際に起きた殺人事件を小説にすることは、現代でこそ当たり前だが当時の感覚では相当に異質なものであり、センセーショナルなものであっただろう。しかし今作では物語りそのものより、カポーティを演じアカデミー主演男優賞を受賞したフィリッップ・シーモア・ホフマンの振舞いばかりが印象に残った。

 独特のジェスチャーや癖を徹底的に研究したと言われるだけあり、今作の彼は完璧なまでに別人、カポーティになりきっていた。殺人犯ペリーを追ううちに次第に心が通じていく、しかし小説を完成させるためには死刑が執行されなければならない。その葛藤や虚無感、または偽善といった微妙な人間の言動を見事にスクリーン上に投影している。フィリッップ・シーモア・ホフマン無しではこの映画は存在し得なかっただろうが、逆に主役が立ちすぎて物語にはそれほど共鳴出来なかった。


■関連作品■
脳内ニューヨーク ★★★★
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー ★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック