第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
(2010/08/11)
シャールト・コプリーデヴィッド・ジェームズ

映画の詳細を見る



 映画に登場する宇宙人(エイリアン)は侵略するか友好的か、とにかく何らかのアクションを起こし、その都度、人類はそれにリアクションするというものだった。「第9地区」がそれまでの映画と違い異質なのは、ヨハネスブルグ上空に大型UFOが飛来するのだが、そこから"何もしない"ところにあった。




*****以下、ネタばれ注意*****




 難民と化したエイリアンを移動させるためにボロい小屋の前でサインを貰おうとする描写は、なかなかシュールなものである。エイリアンに対する差別的な態度や武器を横取りしようとする様子は、正にこれまで人類が繰り返してきたことであり、今作のエイリアン=人間の置き換えや、南アフリカ=アパルトヘイトへの置き換えも容易に想像できる。第9地区が単なるSFに止まらず、アカデミー作品賞にノミネートされたのは独自性と社会風刺が見事に融合されていたからだろう。

 個人的に残念だったのは、主人公が謎の液体により感染した以降は、逃亡劇とアクションの要素が強かったことである。エイリアン"エビ"やヴィカスと妻の感動的なエピソードにもっと時間を割いてほしかったところ。後半はテンポがやや単調に感じられた。

 それでもエイリアンの武器の実験、エイリアンや人間が瞬殺されまくる様はポール・バーホーベンの映画並に過激でブラックなもの。パワードスーツ??に身を包み、ミサイルを受け止め豚が空を飛ぶシーンは爽快なシークエンスである。これほど大規模で、多くのカットでVFXを用いているにも関わらず、製作費が30億円ほどというから驚きだ。異種への理解、嫌人間感情など「アバター」と比較しながら鑑賞するのも面白いだろう。
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック