カイジ/人生逆転ゲーム ★★★

カイジ 人生逆転ゲーム [Blu-ray]カイジ 人生逆転ゲーム [Blu-ray]
(2010/04/09)
藤原竜也天海祐希

映画の詳細を見る



 "負け組のエース"今作の主人公、伊藤カイジを端的に表したフレーズである。

 私自身、いま唯一読んでいる漫画がこの「カイジ」なのだが、その特徴は正に前述のフレーズに隠されていると思う。それは彼が"負け組"だということだ。定職に就かず自堕落な日々を送っていたカイジが、友達の借金の返済を迫られたことを期に、命がけのギャンブルの世界に足を踏み入れる。通常では考えられない、奇想天外なギャンブルで勝負するのだが、重要なのはカイジはどのギャンブルでも1度は負けているということだ。

 限定ジャンケン、人間競馬、Eカード、ティッシュ箱くじ引き、チンチロ、パチンコ沼・・・。どのギャンブルでも1度は負け、毎回心臓が凍り付くような思い(若しくは体の一部を失ったり)をしている。しかし彼はそこで萎えず、絶対に諦めず、希望の光も見えない逆境から予想し得ない方法で勝つ仕組みを積み上げていく。相手のイカサマや味方の裏切りにも屈せず、それぞれのギャンブのアキレス腱を見いだし、起死回生の攻撃を仕掛ける。この逆転劇に極上のカタルシスがあるのだ。

 福本伸行作品の「零」、または「ライアーゲーム」がカイジほど魅力的でないのは、主人公が最初から賢く、負けないからではないだろうか。定職に就かない様子はニート・フリーター、派遣切りを、インチキなギャンブルは社会の不条理さや支配構造と合致しており、カイジは正に現代社会・現代人にとっての"負け組のエース"なのだ。

 映画版では限定ジャンケンやEカードの内容が大幅に削られていたことが非常に残念だった。しかしカイジの世界観を堅実に守った演出(地下帝国やペリカの登場など)、アイドル俳優を起用しなかったキャスティングには好感がもてた。特に利根川を演じた香川照之の動き台詞がいちいち面白い。「金は命より重い」等のカイジ語録が聞けたのも嬉しいこと。

 今作のヒットをうけ早くも続編の製作が決定となった。(2011年公開予定)次はどのギャンブルが登場するのか??映画オリジナルのギャンブルで利根川との再選を熱望したい。願わくば焼き土下座も観てみたいものだ(笑)


■関連作品■
デスノート/前編 ★★★
デスノート/the Last name ★★
ディア・ドクター ★★★★
キサラギ ★★★
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.