インセプション ★★★★

インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)
(2010/12/07)
レオナルド・ディカプリオ渡辺謙

映画の詳細を見る



 「ジェームズ・ボンド ミーツ マトリックス」ある映画評論家が謳ったインセプションを形容した言葉である。自分なら「ジェームズボンドがMI6に加入し、マトリックスの世界に飛び込んだ!」と形容するだろう。

 「インセプション」はそれまでのハリウッド商業映画とは一線を画した、知的好奇心を刺激する野心に溢れた作品だ。なにより今作がパート3に思えるほど、その世界観や設定は複雑極まりない。物語のアウトラインは理解できるが、作品に設けられたルールやシークエンスを全て飲み込むためには、最低2回は鑑賞する必要があるだろう。




*****以下、ネタばれ注意*****




 予告編や数少ない事前情報から想像していたのは、他人の夢に侵入し、アイディアを盗む映画だと思っていた。実際にアイディアを盗む(エクストラクション)シーンはあるが、それは序盤のみ。メインは夢を設計し、そこにターゲットを招き入れ潜在意識の一番深い場所で、アイディアを植え付ける(インセプション)という、聞いただけでも映像化が不可能に思える内容であった。

 夢の中の夢の中の夢の中の夢 4階層下まで潜り込み、外部から衝撃を与える(キック)ことで下の階層から順番に目覚めること、また、夢は設計するとこができ、下の階層ほど時間の進行が遅くなるなど、巧妙に定められたルールが緊張感を誘う。難解に感じるテーマをエンターテイメントとしてきちんと成立させてしまうのが、ノーラン監督の凄みではないだろうか。

 「バットマン ビギンズ」で5分程しか出番がなかった渡辺謙が名誉挽回のフル登場。大物実業家として善とも悪ともとれない存在だが、ラストではディカプリオへの約束を果たすなど、最後まで己を貫いたサイトーは美味しい役回りだ。「500日のサマー」で注目を浴びたジョゼフ・ゴードン=レヴィットは草食系男子から一転してのオールバック姿。インセプション最大の見せ場、無重力の格闘シーンのためのオールバックか??と疑いつつ、その顔立ちはやはりヒース・レジャーを思い出さる。「レボリューショナリーロード」「シャッター・アイランド」に続いて妻に悩まされるのがレオナルド・ディカプリオ。奥さん絡みの受難、何度目だよ(笑)と突っ込まずにはいれない。マリオン・コティヤールとの場面は感動を誘う流れだが、いかんせん前2作とイメージが重なってしまうのが勿体なかった。

 「制限のない脳の世界を探究するのは、最大規模のエンターテイメント」と語るクリストファー・ノーラン監督。強盗映画でありながら盗む(物理的な)物がない、そして絶対悪が存在しない物語。最大の敵は自身の意識下のトラウマということか。大規模なロケーションを組みながら、物語の進行とともに内側へと近付く構成。マクロからミクロへ。逆スパイラルへ進む道筋は、それまでのどの映像体験よりも洗練されたものだ。


■関連作品■
バットマン ビギンズ ★★★★
ダークナイト ★★★★★
シャッター アイランド ★★★
JUNO/ジュノ ★★★
(500)日のサマー ★★★
メメント ★★★★★
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.