ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 ★★★

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]
(2010/06/04)
ノオミ・ラバスマイケル・ニクヴィスト

映画の詳細を見る



 スティーグ・ラーソンの大ベストセラー推理小説「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の映画化。本作は、36年前に失踪したハリエットの行方を追い、大企業ヴァンゲル・グループの暗部に迫るミステリー部分。そして天才ハッカー、リスベットの生い立ちや内面に迫るドラマ部分の、脈絡のないふたつの要素が、上手に繋がり交わっていくのが特長である。

 美少女ハリエットの失踪の謎を追うパートは、ヴァンゲル・グループの一族の怪しげな面々といい、ヘーデビー島の陰湿な雰囲気といい、どこか「ツインピークス」を思い起こさせるもの。舞台となったスウェーデンの島は今作のヒット以降、観光名所になっているとか。寒々とした台地と霧深い描写が一族のミステリアスさを表現しているようだった。

 このハリエット失踪とは別に、大きく時間を割いていたのが、鼻ピアスに黒の皮ジャン、全身にタトゥーを入れたリスベットのシークエンスである。後見人である弁護士にレイプされるシーンは特に過激な内容であり、あまりの脱線具合に本当に必要なのか??と思えるほど。しかしリスベットという人物を理解する上で、また続編の「火と戯れる女」「眠れる女と狂卓の騎士」に繋がるエピソードとして不可欠な箇所らしい。どんな逆境になろうと、自分1人で解決する様子は痛快で力強さを感じるが、時に見せる悲しい表情が印象的だ。奇抜な外見や自己防衛本能は彼女の過去の出来事に起因しており、この辺りのエピソードは続編を鑑賞するしかなさそうである。また本作でリスベットを演じブレイクした、普段のノオミ・ラパスのなんとキュートなことか!!映画と実際のギャップに驚き、同一人物とは到底思えない素振りに、本作にかけた彼女の女優魂を感じずにはいれない。

 スウェーデン、デンマーク、ドイツ合作の本作は世界中で大ヒットとなり、ハリウッドでのリメイクが既に決定している。監督はデヴィッド・フィンチャー、ミカエルは近年ジェームズ・ボンド役で評価を上げたダニエル・クレイグ(2010年9月30日 現在の情報)。元の作品の出来が良いため、わざわざリメイクする必要はないと思っていたが、なんとも楽しみな監督と俳優の組み合わせである。「セブン」の頃のエッジの効いた演出と、リスベット役がはまればオリジナルとは違った雰囲気の仕上がりが期待できる。世界中でブームとなった"ミレニアム現象"はもうしばらく続きそうだ。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.