ブラウン・バニー ★

ブラウン・バニーブラウン・バニー
(2004/12/03)
ヴィンセント・ギャロ

映画の詳細を見る



 今作は大絶賛か大酷評かの2つの意見に分かれるだろう。「バッファロー66」の次の作品として大いに注目されたヴィンセント・ギャロ監督・製作・脚本・主演作。

 鑑賞中はものすごく退屈、あるバイクレーサーがなにやら悲しげに車を運転→女性に声をかける→運転の繰り返し。ロードムービー的な要素もあるがずーっと波のない平行線状態の話。そして最後の最後で「なるほど」と解り、そこで腹をたてるか感動してもう一度観たくなるかになると思う。

 公開前から話題になっていた後半の衝撃シーン。ヴィンセント・ギャロとクロエ・セヴィニーの絡みのシーン…確かに強烈だ(モザイクとか中途半端)話題にはなるけど倫理的にはどうだろう??個人的には気持ちが入り込むことはなかった。意味はあるけど必要かどうかと言えば決して必要ではないシーン、別の伝え方もあったように思える。クロエ・セヴィニーが好きだっただけにショックをうけた。


■関連作品■
ゾディアック ★★

ブラウン・バニー プレミアムBOX (完全限定生産)ブラウン・バニー プレミアムBOX (完全限定生産)
(2004/12/03)
ヴィンセント・ギャロ

映画の詳細を見る
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.