英国王のスピーチ スタンダード・エディション [Blu-ray]英国王のスピーチ スタンダード・エディション [Blu-ray]
(2012/08/02)
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ 他

映画の詳細を見る



 自分の悩みとどのように向き合うか


 アカデミー賞の作品賞といえば、荘厳なスペクタクルものや、社会的なメッセージを盛り込んだ堅苦しいイメージがある。テーマが重いものや騒々しい緊張感に塗れた映画などだ。しかし2011年アカデミー賞の頂点に立った「英国王のスピーチ」は、それらと一線を画す”あたたかさ”に溢れた作品だった。




*****以下、ネタばれ注意*****




 自身のコンプレックスや悩みを克服する際に、いかに周りのサポートが大事なのか、ということを痛感させられた。吃音のジョージ6世はライオネルから友情を、エリザベスからは愛情を受けその悩みを克服していく。「自分は王になる資格はないんだ」と涙ながらに妻に告白するシーンではこちらも泣きそうになり、ラストの国民に向けたスピーチでは深い感動に出会う。特に素晴らしいのが、劇中でジョージ6世の吃音が完全には治らないことだ。展開からいえば、最後のスピーチで劇的に変わった様子を描写しそうだが、今作はそうではない。自身の障害を完治させるのではなく、それを踏まえどのように向き合うのか、その大事さを説いている部分にリアリティや作品の意義を感じた次第だ。スピーチの途中からライオネルが国王への指揮を止め、目を閉じている描写も感慨深い。

 またテーマが深刻になりそうな一歩手前で放つ、登場人物のユーモアが作品を程よい空気に保っている。最後のスピーチの後の「やっぱりWが苦手ですね」「僕と分かるように印を残しておかないとね」との阿吽の呼吸。1番好きなシーンだ。互いの信頼関係が読み取れる台詞である。「バットマンビギンズ」「ダークナイト」のアルフレッド(マイケル・ケイン)もそうであったように、英国紳士のジョークは知的で思いやりがあるなと、ある種の憧れを抱いてしまう。

 コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ=ボナム・カーター、3人の演技は素晴らしく、3名共にアカデミー賞にノミネートされたのも納得である。特にコリン・ファースのあの不安気な表情や動作は、国王の弱さや優しさを体現している見事なもの。吃音克服メニューのなかにある、卑猥な言葉を連呼するシーンはかなり面白い。

 映画「落下の王国」で印象深かったベートーヴェンの交響曲7番第2楽章がラストのスピーチでも流れる。その壮大なBGMとラジオに耳を傾ける国民、スローモーション効果。国王のスピーチにぴったりな構図であり、同曲がまた好きになった。


■関連作品■
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち ★★★
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト ★★★
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド ★★★
メメント ★★★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック