パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
(2011/11/02)
ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス 他

映画の詳細を見る



 「あれっ??ジャック・スパロウいい人じゃない?」と鑑賞直後、真っ先にそう思った。ジャック・スパロウといえば、敵になったり味方になったり、どのグループにも属さず得意の話術を利用し周囲を混乱させ、いつの間にか自分の利益を得るという、天才ペテン師のような動きに魅力があった。それが今回は鳴りを潜め、正統派でどこかマイルドな印象を受けたのだ。

 パイレーツ・オブ・カリビアンの最新作「生命の泉」はインディ・ジョーンズを連想させるとの指摘が何件かあるようだが、キャラクター自体もインディに近寄った気がする。インディ・ジョーンズシリーズとの類似点は以前も述べた通りだが、今回は聖杯と不死の水・呪いの人形等、小道具に至るまで似ており、陸ばかりの冒険というのも海賊らしさを感じさせないもの。何を考えているのか理解不能、変な動きだが格好良い。ジョニー・デップが作り上げた異彩のニューヒーローは、今作ではさほど輝きを放てていない。次回作がもし製作されるのであれば、あの外連味たっぷりのジャック・スパロウに戻ってほしいものだ。




*****以下、ネタばれ注意*****




 前作「ワールド・エンド」まで難解とは言わないが、やはり今回も物語が難しく、頭の中は混乱でいっぱいだった。パイレーツシリーズ伝統ともいえる、誰がなんの為になにを目指して戦っているのか相変わらず分かりにくい。特に主役であるジャック・スパロウに、バルボッサやデイヴィ・ジョーンズに匹敵するような危機感がないのが致命的。キャラクターにストレスが発生していないため感情的になる訳でもなく、なんとなく動きの画面を見つめ、なんとなく終わってしまった感じである。永遠の命を得る為には、生贄(犠牲者)が必要と分かった時から、生命の泉に対する興味は明らかに薄れたはずなのに、ジャック・スパロウは何がしたいのかが理解できなかった。その前に「生命の泉の効力しょぼくね?」そして「黒ひげ弱くね?」と突っ込まずにはいられない(笑)

 前3作まではテンションが上がるシーン、また、あの場面が観たい!!と思えるシーンがひとつはあったが、今回はそれが特に思い浮かばない。それは、アクション映画をそれほど経験していないロブ・マーシャル監督のせいか。手堅くそつの無い仕上がりとも言えるが、物足りなさを覚えてしまう。


■関連作品■
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち ★★★
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト ★★★
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド ★★★
ツーリスト ★★
英国王のスピーチ ★★★
NINE(ナイン) ★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック