さや侍 [Blu-ray]さや侍 [Blu-ray]
(2011/11/05)
野見隆明、熊田聖亜 他

映画の詳細を見る



 ダウンダウンの松本人志監督、映画第3作品は時代劇をベースにした「さや侍」である。前2作品と違うのは、松本人志自身が出演していないこと、そして人物の目的や世界観が比較的分かり易いこと等が挙げられる。

 松本人志に変わり主役を務めるのは、なんと素人の野見隆明さん。この野見さんは只の素人というわけではなく、以前に「働くおっさん人形・劇場」に出演しており、強烈なキャラクターを持っていたことで監督も一目置いていたらしい。個人的にはその「働くおっさん人形・劇場」が未見だったため、イマイチ野見さんの持つ面白さが伝わってこなかった。映画館内でも、うどんを鼻で吸い込むシーンと、火の輪くぐりが雨で失敗に終わった部分で笑いが起きただけである。ほうき三味線やタコとの対決もピリッとした緊張感や、少し冷めたような空気を感じただけで笑うには至っていない。「働くおっさん人形・劇場」が放送されていた地域と全く放送されていなかった地域で、野見さんに対する印象の齟齬が発生するのでは??と思ったり。

 「さや侍」が前2作品とは違う、もうひとつの特徴は物語の分かり易さにある。時代劇とはいえ、若君を「笑わせなければならない」という目的がはっきりしていること。また笑わせるという行為自体が、コメディ映画の目的と合致するのも物語の進行をスムーズなものにしている。獣を倒すヒーローを描いた「大日本人」。自分の居る場所は元より目的が不明瞭な「しんぼる」に比べれば、恐ろしくストレートなものだ。また物語の根底に、普遍のテーマでもある親子愛が含まれているため、父と娘のやりとりからラストは、ほっこりとした感動に包まれる。




*****以下、ネタばれ注意*****




 意味ありげに映っていたお坊さんが、ラストで手紙を歌で読みあげるシーンは意表を突かれ驚かされた。歌っているのは”竹原ピストル”さんとのことで、この歌はCD化されるようだ。最初はあっけにとられていたが、規定概念に固執しない松本監督らしい素晴らしい演出であり、鑑賞後もあの歌(父から娘へ-さや侍の手紙-)は記憶に残るものである。もうひとつ監督らしいなと感じたのは、なにをやっても駄目な武士が最後に切腹を選んだ場面だ。同情されて生かされるくらいなら自害を選択するという、武士道らしい哲学と生き様。この行為は松本監自身を反映しているようだ。笑いに対しては常に命がけで挑んでおり、自分が納得できないもの、そこに妥協や同情が生まれるようなら自害したほうがまし、とのある種のプライドのようなものを感じずにはいられない。放送コードの限界、ブラックな笑いと倫理観等、テレビ業界と戦い歩いた監督の反骨心のようなものだ。

 三十日の業が繰り返しの作業になり、少し中だるみを覚えたのは残念。時代考証、舞台、目的を180度変えて、様々な種類の笑いを提供する松本人志。その飽くなきチャレンジスピリットに惹かれ次作も結局、鑑賞してしまうだろうなと思った。


■関連作品■
大日本人 ★★
しんぼる ★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック