☆ 2011年中に観た映画ベスト3 ☆

 日曜日、祝日しか基本的に休みがないなか、2011年は44本の映画を鑑賞することができました。そのような年を振り返って、2011年中に初めて観た作品のなかから、特に気に入ったベスト3を紹介します。


☆2011年初めて観た映画でのベスト3

1. 瞳の奥の秘密 ★★★★★
2. 127時間 ★★★★
3. ソーシャル・ネットワーク ★★★


瞳の奥の秘密 [DVD]瞳の奥の秘密 [DVD]
(2011/02/18)
リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル 他

映画の詳細を見る



 1位の「瞳の奥の秘密」はレンタルDVDで鑑賞したが、観終わった瞬間にAmazonでDVD即買いに走った(笑)傑作。基本的にはサスペンスだが、劇中の品のある空気感、練られた脚本、キャラクター全てが素晴らしい。鑑賞した映画で★5を付けたのは2008年の「ダークナイト」以来、ここ3年間で一番の作品だと思う。アルゼンチン映画という馴染みの無さが逆に新鮮さを生んだのかも??


127時間 ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) [Blu-ray]127時間 ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) [Blu-ray]
(2012/01/07)
ジェームズ・フランコ、ケイト・マーラ 他

映画の詳細を見る



 2位の「127時間」。岩山で起きた落石によって右腕を岩に挟まれてしまった青年のサバイバルサスペンス。冒頭のハイテンションな音楽から一変する落石事故と、その瞬間に現れる映画のタイトルで鳥肌がたった。生きているなかで、岩山での落石事故に遭遇する人はそうは居ないが、この落石事故を自分に降りかかった問題やストレスに置き換えて鑑賞するとしっくりくるのでは。主人公のアーロンが決断した行動、自分なら出来るか??自分の今の現況が岩に挟まれている状態なのではないかと考えてしまう。孤独なサバイバルの為、語り手が1人、ジェームズ・フランコのみだがビデオカメラを使用したり、過去の回想シーンを挟むなど、ストーリーテリングが巧妙であり最後まで飽きずに鑑賞できる。近年、映画1本の上映時間が長くなっている傾向にあるなか、90分ちょっとで観れるのも集中力が維持できて◎起きる事象は悲劇だが、物語の進行とともに希望がもてるのも本作の魅力といえるだろう。


ソーシャル・ネットワーク [Blu-ray]ソーシャル・ネットワーク [Blu-ray]
(2011/12/21)
ジェシー・アイゼンバー、アンドリュー・ガーフィールド 他

映画の詳細を見る



 3位の「ソーシャル・ネットワーク」は物語そのものより、デヴィッド・フィンチャー監督のこだわりぬいた映像や音楽に痺れてしまった。完璧主義ともいえるオープニングでの99テイクに始まり、どの1カットにしても妥協を許さない徹底ぶりが伝わってくる作品である。主演したのはジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、ルーニー・マーラと、これからのハリウッドを担う若者ばかり。「ソーシャル・ネットワーク」を経由しての「ドラゴン・タトゥーの女」、「アメイジング・スパイダーマン」等、出演者の今後の飛躍も目覚ましい。


☆2012年期待の映画☆

 2012年は映画の当たり年と予想できる。特に大作映画、アメコミ関連が集中している。その中でも特に注目は「ダークナイト ライジング」だろう。第1弾、第2弾予告編。そして6分間のフッテージ映像を観るだけで、かなりの出来が期待できる内容となっていた。新たなヴィランとして登場するベイン。アメフト会場爆破襲撃??の映像は圧巻である。その他、2012年の楽しみな映画一覧は以下のとおり。

・ダークナイト ライジング
・ドラゴン・タトゥーの女
・アメイジング・スパイダーマン
・アベンジャーズ
・プロメテウス
・トータル・リコール
・007/スカイフォール

SFやアクションものが多くて楽しみな1年となりそうです。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.